« 札幌でも聖香油ミサ | トップページ | 聖金曜日・主の受難 »

2010年4月 1日 (木)

聖木曜日・主の晩餐、2010

Hthursday1002

本日は聖木曜日。聖なる三日間が始まりました。新潟教会のミサは夕方7時から。新潟教会の地理的条件もあり仕方がありませんが、信徒の方々の年齢層が高くなり、かつ新しい家族の流入がないこともあるのか、夜の典礼への参加は普段の日曜よりも少なくなるのが残念です。私たちの信仰の中心にあり、心のよりどころでもある御聖体の秘跡を、主ご自身が最後の晩餐で制定してくださったことを記念する大切なミサです。

Hthursday1001

説教の後に例年のように洗足式を行いましたが、これまた例年以上に12名をそろえるのが大変だったようです。主ご自身は、あの晩、弟子たちの足を洗われただけではなく、今に至るまで毎日、罪に汚れた私たちの足を洗ってくださるのだと、私は皆さんの足を洗いながら感じます。

聖体拝領の後には行列をくんで小聖堂まで聖体を移動し、タントゥム・エルゴで式を終わりました。その後、10時過ぎまで順番を持って聖体礼拝を行いました。

Hthursday1003_2

明日は主が十字架上でご自身をあがないの生け贄として捧げてくださった、愛の証を記念する日です。典礼上は、明日はミサが行われません。春休みでお休み中の学生の方々も多くおられると思いますが、明日は教会へ行きましょう。普段の日曜日とは全く違う典礼です。なかでも私たちの信仰の核心にある十字架の神秘を思い、十字架を崇敬する儀式があります。新潟教会では、夜7時から始まります。どうぞ、祈りのひとときのためにおいでください。

|

« 札幌でも聖香油ミサ | トップページ | 聖金曜日・主の受難 »

司教の日記」カテゴリの記事