« そして名古屋 | トップページ | 春も間近の札幌で »

2010年4月25日 (日)

加茂では桜が満開

Kamoconf01

復活節第四主日の今日、新潟県の加茂教会で堅信式が行われ、加茂教会の2名の方と、主任の佐藤勤神父が兼任する白根教会の信徒の方1名が、堅信の秘跡を受けられました。3名の方、おめでとうございます。

復活節の第4主日にはよい羊飼いである主の福音が朗読されます。「羊は私の声を聞き分ける」と記されていました。私たち羊が聞き分ける牧者イエスの声は、私たちそれぞれの召しだしへの呼びかけの声です。今日は召命祈願の日でもありました。召しだしは、司祭・修道者への召命に限らず、信徒としてのそれぞれの場での生き方への召し出しも含まれています。群れとなった羊が一列に整列して行列を作ってまっすぐに羊飼いにしたがうのではなく、あちらこちらへといろいろな方を向きながらも、わさわさとしつつも、全体の群れとしては牧者に導かれて同じ方向へ進むように、私たちも皆が同じ召命を受けているのではなく、様々な呼びかけに応えながら、全体として牧者に導かれていく共同体(群れ)を形成しているのです。牧者の呼びかけの声をしっかりと聞き分ける力が聖霊によって与えられるように、祈りたいと思います。

Kamoconf03

加茂教会は日曜日のミサの出席数が30名ほどの、小さな教会です。その中にもフィリピンやスリランカといった国出身の信徒がいます。今日は堅信式の後、そういったみんなで一緒にテーブルを囲み、お昼をいただきながら、堅信のお祝いをいたしました。小さい共同体のよいところは、互いに見知らぬ人がいないところにあると思います。よく知り合って助け合いながら、教会共同体を育てていっていただきたいと思います。

Kamosakura

加茂は春真っ盛り。加茂駅近くの加茂川沿いでは桜がちょうど満開で、多くの人が花見に訪れていました。新潟もやっと暖かくなり始めました。

Bokin10

そして本日午後1時半から1時間ほど、新潟市内中心部の西堀交差点で、新潟地区協(信徒協)の主催で、街頭募金が行われました。すばらしい天気でしたが、何となく新潟中心部には人でも少なく、加えて教会側も参加者が少なくて、ちょっと寂しい街頭募金でしたが、多くの人が足を止めて協力してくださいました。なお募金はカリタスジャパンのハイチ地震救援の目的で行われました。参加してくださった方々、ご苦労様でした。

|

« そして名古屋 | トップページ | 春も間近の札幌で »

司教の日記」カテゴリの記事