« 男子管区長協議会総会に参加中です | トップページ | 高田教会の堅信式 »

2010年5月15日 (土)

やっと一息

Kenshusenter

昨日は、男子の管区長協議会総会がお昼までで終わり、夕方の飛行機で新潟へ戻ってきました。総会最終日には、現在司教団が各教区にお願いしている、日本の教会の方向性を見極め福音宣教について考えるためのご意見お願いについて、説明させていただきました。その後、質疑応答を経て、閉会ミサを司式。司教にとって多くの教区では、宣教会や修道会の会員がいなければ、教区の運営が滞ってしまうほど、その存在は重要です。とはいいながら、宣教会や修道会は司祭派遣業者ではないので、それぞれの会の意向やカリスマを無視して、教区の方針だけで縛ってしまうこともできません。教区の方向性と会の方向性をうまい具合にマッチングさせなければならないところに、難しさを感じます。いずれにしろ、互いに協力しながら、福音を伝える業に日々励みたいと思います。(写真は会場となった南山学園研修センターの中庭)

本日土曜日は午後2時から、新しく創設された教区建設・共済委員会の初会議が行われています。教区に30以上ある小教区共同体には、人数の違いや経済力の違いがあり、これから10年の間のことを考えてみますと、その期間には老朽化して補修や建て直しが必要となるする小教区の建物も少なくありません。教区を一つの共同体と考えるとき、やはり全体として一番必要なところを見極め、互いに協力しながら維持運営に当たっていく必要を感じますし、今後その必要はますます増してくると思います。その意味でも、新しい委員会が中心となり、教区全般の建設計画に関して調整と相互協力をしていくことができればと期待しています。

明日、昇天の主日は、高田教会で堅信式です

|

« 男子管区長協議会総会に参加中です | トップページ | 高田教会の堅信式 »

司教の日記」カテゴリの記事