« 上越カトリック天使幼稚園の新園舎竣工式 | トップページ | 先日の竣工式から(歌うマリオ神父) »

2010年6月27日 (日)

新潟女性の会で講演

Joseikoen10

本日の日曜日、午後1時45分から新潟教会において、新潟女性の会の講演会を行いました。新潟教区全体としては女性のための組織体はまだないのですが、主に新潟地区を中心に活動している教会の女性たちの会です。本日は総会が行われ、そのあとに講演会となりました。指導司祭は大瀧師です。

6月から7月にかけてあまりにもたくさんの原稿と講演や講話の依頼があり、目新しい話を用意することがかないませんでしたの、今日は「世界の貧困とカトリック教会の対応」について話をさせて頂きました。カリタスジャパンの責任者として、様々な方面でお話をさせて頂いている話題です。なるべく専門的なことは省いて話したつもりですが、こういった話でよく利用するパワーポイントをそのまま使ったので、どうしても専門的な話題に足を踏み入れたくなってしまいました。スクリーンが小さいので、余りよく見て頂けなかったかもしれません。何名の方がおられたかわかりませんが、女性の会以外からも、新潟教会の聖堂に一杯の人が来てくださいました。感謝します。

先日の緒方さんとの話でもあったポイントで、聖座の国連代表も国連の議場でしばしば繰り返していることですが、現今の経済状況のため先進国の途上国援助は減少傾向にあります。国内の経済が疲弊しているのに、海外援助の必要はないという議論もあります。しかし教会は、貧しい人たちへの援助を当然の人間の責務と考えているのであり、短期的視点ではなく長期的人類全体の視点から考えてほしいとアピールしています。レールム・ノバールム以降の諸教皇様方の社会教説を今一度学びたいと思います。

今日は夜の飛行機で、新潟から札幌へ移動し、明日から三日間の全道司祭大会に参加します。今回はあまり触れてこなかったのですが、それにしてもガーナの快進撃は喜ばしい限りです。ワールドカップの話です。次は日本の番ですね。

|

« 上越カトリック天使幼稚園の新園舎竣工式 | トップページ | 先日の竣工式から(歌うマリオ神父) »

司教の日記」カテゴリの記事