« 今年も後半に突入 | トップページ | 米沢・北山原で殉教者記念ミサ »

2010年7月 5日 (月)

仙台白百合大学での講演

Sendaishirayuri

先週末、土曜日の午前中10時半からお昼まで、仙台白百合大学の社会人講座でお話をさせていただきました。仙台白百合の高校へは、平賀司教の叙階式やカトリック校研修などでお邪魔したことがありましたが、大学は初めて。国道4号線のバイパスにも近く、高校よりは地理的にわかりやすい場所にあるように感じました。さて当日はちょうど、オープンキャンパスの日とも重なり、大勢の女子高生が学校見学に訪れておりました。少子化が進み私立学校では学生確保のために様々な催しを行っているそうですが、仙台白百合でもこういったオープンキャンパスを年に何度も開催するのだそうです。

今回の講座は「カトリシズムと現代」と題して、特に現代の平和問題に焦点を当てながら、アフリカ宣教師であった私と、2週間後には白百合で教える矢口先生がメノナイトの立場から話をするという企画です。そしてちょうどその間には、ルワンダ支援のコンサートも行われるとのこと。私も今回はアフリカに焦点を当て、ガーナの現実と、ルワンダ問題の根本について話をさせていただきました。

仙台白百合大学の校舎は新しく、音響やコンピュータの設備も整っており、快適にお話をさせていただくことができました。参加してくださった方々、ありがとうございます。

|

« 今年も後半に突入 | トップページ | 米沢・北山原で殉教者記念ミサ »

司教の日記」カテゴリの記事