« 山形教会聖堂改修改築工事が完成しました | トップページ | 新潟は大荒れの天気です »

2010年11月30日 (火)

新潟教区の司祭評議会が開催されました

昨日の午後から本日の昼にかけて、新潟教区の司祭評議会が開催されました。秋田・山形・新発田・新潟・長岡の各地区長と、それぞれの評議員の司祭、そして教区の顧問が出席し、教区全体の様々な課題について報告を受けたり意見を交わしたりしました。

今回は特に、2012年の教区一〇〇周年に向けた各地区や教区全体での取り組みについて、米沢や佐渡の殉教地での今後の巡礼について、また来年の司祭大会のテーマについてなどの意見交換や、今後の教区全体の建築計画を統括して審議する教区建設共済委員会関連の議題が中心に話し合われました。また会議に先立って新潟カトリック女性の会の三崎さんにおいでいただき、この会の活動と全国の組織である「日本カトリック女性団体連盟」との関係などについて報告をしていただきました。

ところで明日、12月1日の午後10時から、NHK総合放送で、高山右近についての番組が放映される予定となっています。これは「歴史秘話ヒストリア」の「絶対に譲れないモノはありますか」という番組で、副題が「信長・秀吉・家康と対決した男・高山右近」となっています。現在殉教者として列福申請を行っている人物についての内容ですので、番組編成に特別な変更がない限り放映される予定ですので、どうぞご覧になってください。なお総合テレビでは12月8日の午後4時5分に再放送となる予定です。またNHKオンデマンドでは12月2日の午後6時から12月16日の午前0時まで視聴が可能とのことです。

|

« 山形教会聖堂改修改築工事が完成しました | トップページ | 新潟は大荒れの天気です »

司教の日記」カテゴリの記事