« 年末の札幌は雪 | トップページ | 謹賀新年 »

2010年12月30日 (木)

今年もあと少し

Jinushi

2010年も残すところあと一日となりました。札幌での今年最後の仕事も終わり、本日昼過ぎには無事に新潟へ。雪と風が心配でしたが、北海道はさすがに雪の天候でしたが、新潟は曇りの一日。明日の大晦日の方が、新潟でも天気が崩れる模様。明日、12月31日は、真夜中、つまり年が明けた零時に、新潟教会でミサがあります。私の司式です。新しい年の初めをミサで迎えましょう。

今朝は雪かきの音で目が覚めました。覚めたといってもまだ午前4時前。降り積もる雪の中、除雪車がそこここを除雪して回る音で目が覚めました。上の写真は札幌司教館前の駐車場を除雪している、地主司教様の勇姿です。札幌市内の歩道などは一度溶けた雪がさらに凍り、つるつるでした。ちょっと近くへ買い物に行くにも、すり足で気をつけて歩かねばなりません。転んだら大変です。

さて一年が終わろうとしています。正直に、忙しい一年でした。若い頃からあちらこちらへと飛び回るのは苦にならない方でしたが、さすがに新潟と札幌の両方を行ったり来たりするのは、体力的にも精神的にもしんどいものがあります。スケジュール調整も楽ではありませんし、その合間には司教協議会やカリタスジャパンの会議が頻繁に入り込み、東京へも出かけなくてはなりません。加えて今年は、特に札幌教区内を中心として多くのところに講演や研修会に呼んでいただきました。それは確かに、呼んでいただけるうちが花ですし、私の話でも役に立つのであればできる限りお手伝いしたいと思い、ほとんど断ることなくお引き受けしました。しかしお引き受けした講演などのほとんどすべてが異なるテーマで、準備が思いの外大変でした。一時は4本の異なるテーマで同時に準備を進めたことも。これもさすがにしんどいものでした。時間の余裕と同時に心の余裕もなくなり、さすがにどうしようもなくなって、「家庭の友」誌で連載していた「時の話題」を、12月号で終了にしていただきました。2ページの連載でしたが、資料調べなどでどうしても月末に3・4日は必要となるので、今の状態ではもうそれだけの時間を空けることが不可能でした。またそのうち、チャンスがあれば、どこかで書いてみたいとは思います。今年は新潟の司教になってからのこの6年で、新潟滞在時間が一番短い年であったと思います。多くの方にそのために迷惑をかけてしまいましたし、多くの事への取り組みが中途半端になってしまいました。申し訳ありません。

いずれにしろ、一日も早く札幌教区に新しい司教が任命されることを、祈っております。一緒にお祈りください。お願いします。

それでは皆様、この一年、いろいろとありがとうございました。また来年も、どうぞよろしくお願いいたします。皆様の上に、いつくしみ深い神の豊かな祝福を祈ります。

|

« 年末の札幌は雪 | トップページ | 謹賀新年 »

司教の日記」カテゴリの記事