« 三条白百合幼稚園で園舎起工式 | トップページ | 四旬節が始まりました »

2011年3月 8日 (火)

秋田にて

Satake

今週は金曜日まで秋田に滞在することになりました。幼稚園の理事会や二つの短大の卒業感謝ミサ・卒業式などが、続けざまに予定されているからです。昨日の昼の「いなほ」で秋田まで移動。秋田駅に到着後すぐに秋田県庁へ。ひょんなことから、佐竹敬久秋田県知事を表敬訪問することに(写真は佐竹知事と)。その後今度は道路を挟んで向かいに建っている市役所へ赴き、穂積志市長を表敬訪問。お二人とも年度末で来年度予算の調整や議会でお忙しいところ、時間を割いてくださいました。機会を設けてくださったのは、聖体奉仕会からさらに奥にあるザ・ブーンという温泉をはじめとした施設を運営する会社の社長。某県会議員も、そのお父様の時代から聖体奉仕会と様々な形でのおつきあいがあるとのことで、ご一緒くださいました。聖体奉仕会には海外からの巡礼者も多くいることから、県や市でも、その動静には注目をしているとのことでした。

Inahoold

さて、この写真は今回ではないのですが、先週秋田に来たときの「いなほ」の写真。いつもの「いなほ」は緑とクリームの独特の色をしていますが、この車輌は昔の国鉄のカラーです。近づいてよく見ると「自由席」の表示がなんと手書き(下の写真)。その横に貼る張り紙から「ムーンライト越後」などに使われていた車輌だとわかりました。日本海側の特急車両は古いものが多いのですが、この「いなほ」もかなり年代物の車輌に出会います。つい先日までさらに年代を感じさせた秋田から青森方面へ出ていた3両編成の「かもしか」は廃止され、代わりに「つがる」が走り始めました。こちらはかつて東北線で「はつかり」を始めその後は新幹線への連絡に使われていたリニューアル車。羽越線にもそろそろもう少し新しい車輌を回してくれないものかと(たとえばついこの間まで常磐線で使っていた車輌とか)思います。

Inahoold02

|

« 三条白百合幼稚園で園舎起工式 | トップページ | 四旬節が始まりました »

司教の日記」カテゴリの記事