« 祈りのうちに | トップページ | 信徒宣教者会スタッフも現地へ »

2011年3月19日 (土)

仙台教区サポートセンター

今回の大地震と大津波の被災者の皆様を支援するため、すでにお知らせしたとおり3月16日(水)に、仙台教区本部のある元寺小路教会信徒会館部分をお借りして、仙台教区サポートセンターが設置されました。センター長は仙台教区平賀徹夫司教で、センター長補佐を教区事務局長の小松史朗神父が務め、カリタスジャパンスタッフが事務局を務めています。基本的にはその時々の状況と必要に応じて、行政との調整と協力のもとに、まずは情報の収集やボランティアの受け入れ調整に現在あたっております。その後も状況に応じながら、救援活動を幅広く考えていきたいと考えています。活動などについては随時、カリタスジャパンのホームページなどでもお伝えします。なお仙台教区サポートセンターへの問い合わせは、090-1217-3233までお願いします。

初期の段階では、行政の必要に対応して、特定の個別職種のボランティアが必要になる場合が多々あります。その後、復興が本格的に始まると、一般の方のボランティアをたくさんお願いすることになります。それぞれ時期に応じて条件がありますので、サポートセンターへお問い合わせください。

カリタスジャパンでは現在、募金を広くお願いしております。募金には次の口座をご利用ください。(カリタスジャパンのホームページから)

郵便振替番号:00170-5-95979
加入者名:カリタスジャパン
振込用紙の通信欄 □呼びかけ中の募金(   )内に、
〈東北地方太平洋沖地震〉とご明記ください。

カリタスジャパンがお預かりした募金は、今回の大災害の被災者の皆様を救援するために、様々な救援活動を直接行ったり、救援物資を購入したり、各地での活動を支援したりすることにあてられます。仙台サポートセンターの活動を支援することも、カリタスジャパンの支援のひとつになりますが、それ以外にも各地における活動を広く支援して参ります。これについては随時、カリタスジャパンから報告申し上げます。(写真は設置初日のサポートセンター)

Sendai1105

|

« 祈りのうちに | トップページ | 信徒宣教者会スタッフも現地へ »

東日本大震災」カテゴリの記事