« 新潟・月曜会、毎年恒例の秋田巡礼へ | トップページ | 月寒教会で堅信式 »

2011年6月11日 (土)

大震災から3ヶ月

日本の進路を大きく変えた3.11から今日でもう3ヶ月が過ぎました。大震災と津波で生命を亡くされた方々の永遠の安息をあらためてお祈り申し上げると共に、被災された方々が一日も早く平穏で無事な日常を取り戻されますように、心よりお祈りいたします。復興を目指した歩みにあって、復活の主イエスが、皆様のその肩を力強く支え、歩みを共にされています。私たち教会にあるものが、そのイエスの姿を具体的に示していくことができるように、努力を積み重ねたいと思います。

3ヶ月にあたり、仙台教区の平賀司教様から全国の教会に、明日、聖霊降臨の主日のミサの中で祈ってほしいという願いがありました。特に共同祈願の中で、亡くなられた方々と復興に向けて歩んでいる方々のために祈っていただきたいと言うことでした。どうぞ明日のミサの中で、お祈りをお願いいたします。

ところですでに旧聞になってしまいましたが、6月6日に教皇様は、現在日本に派遣されている教皇大使アルベルト・ボッターリ・デ・カステッロ大司教を、新たにハンガリーの教皇大使に任命されることを発表されました。ボッターリ大使には何度も新潟教区を訪問していただきました。秋田にも山形にも、そして新潟の各地にも足を運んでいただきました。そのお働きに感謝いたします。後任の大使はまだ未定です。

|

« 新潟・月曜会、毎年恒例の秋田巡礼へ | トップページ | 月寒教会で堅信式 »

東日本大震災」カテゴリの記事