« 月寒教会で堅信式 | トップページ | 定例司教総会も無事終了 »

2011年6月13日 (月)

広島教区に新司教の任命

教皇様は先ほど、広島教区の三末司教様が提出された75歳の教区長定年年齢に伴う引退願いを受理されました。同時に教皇様は三末司教様の後任として、カトリック中央協議会の事務局長を務めている前田万葉神父を後任の広島司教に任命されました。

前田万葉被選司教は、1949年に長崎県の五島で誕生。長崎教区司祭として1975年に叙階され、2006年からカトリック中央協議会の事務局長を務めています。

叙階式の日程は未定です。前田被選司教様、おめでとうございます。

なお本日午後2時から定例司教総会が始まりました。先日ハンガリーへの転任が発表されたボッターリ・デ・カステッロ大司教も最初においでになり、この6年間の働きを振り返ってメッセージを朗読されました。今回の総会中に大使館で夕食会の予定です。

|

« 月寒教会で堅信式 | トップページ | 定例司教総会も無事終了 »

司教の日記」カテゴリの記事