« 新潟教区巡礼団@パリ | トップページ | 新潟教区巡礼団@アシジ »

2011年10月23日 (日)

新潟教区巡礼団@リジュー

Lisieux1102

本日は朝から夜にかけてパリから日帰りでリジューへ巡礼。近頃、ノルマンディー地方へ向かう高速道路は同じ時間帯、日本人の団体客を乗せたバスが連なると言います。ほとんどが今大人気のモンサンミシェルへ向かうツアーだとか。私たちのバス2台は、もう少し近いリジューへ。幼きイエスの聖テレジアが修道生活を送ったカルメル会修道院へ。リジューへ向かう道はすばらしい秋晴れと紅葉で、すばらしい風景でした。そしてこの地方特有のリンゴ畑。真っ赤なリンゴが連なっていました。

リジューはこぢんまりとしつつも、整然とした美しさを持った田舎町です。修道院は美しく改修され、中に入ると聖堂脇に聖テレジアのご遺体がガラスケースの中に安置されていました。しばし皆で祈りを捧げる。聖堂の隣はちょっとした資料館となり、聖テレジアの修道生活について写真や動画を使った解説が豊富にありました。

その後リジューの町の丘の上にそびえる聖テレジア大聖堂でミサ。ここには数年前に列福された聖テレジアのご両親の聖遺物が安置されています。ミサは小聖堂で。小聖堂と行っても新潟教会より遙かに大きな聖堂でした。この教会で聖テレジアについての雑誌を編集しているシスターが、日本からの巡礼団と言うことで取材に来ていました。

Lisieux1101

ミサと昼食後はリジューの町中にある聖テレジア一家の家へ。写真は、一度に入る人数が制限されるため順番待ちの巡礼団です。この地方の秋には珍しい晴天に恵まれて、教会の宣教の保護の聖人である聖テレジアの取り次ぎを祈った一日でした。

|

« 新潟教区巡礼団@パリ | トップページ | 新潟教区巡礼団@アシジ »

司教の日記」カテゴリの記事