« 新潟教区巡礼団は無事帰国 | トップページ | 11月の主な予定 »

2011年10月31日 (月)

巡礼の思いで@ルルド

先日の新潟教区創立100周年の巡礼から、写真をいくつか順番にあげていきたいと思います。

Lourdesp1101

巡礼の最初の二日間はルルド。ルルドは初めて訪れるところですが、私にとっては一度は訪ねてみたい場所でした。というのも、1986年に司祭になりガーナへ派遣され、言葉の勉強が終わって担当司祭として任命されたのがOSONSONという村にあったルルドの聖母教会(Our Lady of Lourdes Parish)だったからです。結局私はその教会に7年いました。聖堂の横にはその地に特有の赤い石を積み上げたルルドがあり、その前で土曜日は早朝からレジオ・マリエのメンバーがロザリオを唱え、12月のはじめには地区のマリア祭が行われていました。金曜から日曜までのマリア祭では、ルルドのようにロウソク行列も行いました(もっとも早朝でしたが)。そんなわけで、本物を是非訪れたいと思っておりました。

訪問された方にはわかりきったことですが、上の写真の手前がガブ川、右手下のロウソクが三角形に輝いているあたりが御出現の洞窟(グロット)、さらに右奥が沐浴場です。聖堂は三層になっており、一番上の大聖堂の祭壇がグロットの上に位置するように作られているため建物は非常に幅が狭くなり、また一番下の左側のロザリオ大聖堂はあとから掘削をして建設したため、かなりの難工事であったとうかがいました。下の写真の広場の正面がロザリオ大聖堂で、その上にさらに二つの聖堂が乗っかる構造です。

Lourdesp1102

今回の訪問の初日は雨模様。しかし二日目は晴天に恵まれ、上の写真はやっと夜が明けたばかりの、しかしもう朝8時頃に、大聖堂の前を横切り、朝のミサへと向かう巡礼団の一行です。

今回は第一日目の夕方にクリプトで、二日目の朝にガブ川を渡ったところにある聖ベルナデッタ教会の聖パトリック小聖堂でミサをさせていただきましたが、もちろん、御出現のマリア様の命に従い一番最初にグロットの上に建設された聖堂であるクリプトでのミサが、最初のミサであったこともありますが、わたしにとっては感動的でした。

|

« 新潟教区巡礼団は無事帰国 | トップページ | 11月の主な予定 »

司教の日記」カテゴリの記事