« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月27日 (月)

新しい英語のミサ翻訳

ご存じのように世界中の司教協議会は、バチカンからの指示でミサに使う典礼書の現地語での翻訳を新たに作成し直しています。これは現在のミサ典書が一部改訂されて第三版として2002年に発行されていることから、それに合わせて翻訳も改訂するようにとの指示に基づく作業です。もちろん同じ言語を共通に使う国も多い。たとえば英語。これを採用している司教協議会は世界に多いと思われるのですが、それぞれが翻訳をするのでは統一がとれませんから、英語の翻訳に関しては一つの委員会が設置され作業に当たってきました。もちろん多くの専門家が翻訳に当たったこともあり、すでに作業は終わりバチカンの承認も得られ、昨年の11月末頃から、つまり待降節から英語圏の教会の多くで使用され始めました。

日本でも英語でミサが定期的に行われている教会が多くあるので、新しい翻訳に変わっていく過程にあると思いますが、新潟教会でも月に一度行われているので、先日、新しい英語のミサ典書を購入しました。

私もこの数週間の間、インドに行ったりバンコクに行ったりして、英語でミサをする機会が何度かありましたが、もちろん新しい翻訳になっていました。そしてもちろん、ミサのそこここでちょっとした混乱が。一番の混乱は、会衆の応答部分ですが、これは時間がたてば慣れてくることで何とかなっていくことだと思います。どうしても口をついて出るのは、今までの応答ですから。私自身に関して言えば、ガーナにいた頃から英語のミサをしばしば使っていたので、ほとんど記憶していたのですが、かえってそのために、新しい翻訳と混同してしまう場面が何度か。しっかりとミサ典書を見つめて読んでいかないと、ちょっとした言葉の変更があったり、言葉の順番が変わっていたりで、使えてしまうことがしばしばありました。私は英語のネイティブではもちろんないので、新しい翻訳の英語としての善し悪しはわかりませんが、それでも発音がしやすくなっている部分と、持って回った言い回しが増えているような気がする部分があります。

今鋭意作業中の日本語翻訳が完成したときにも、最初の頃は同じような混乱があるのだろうなと想像します。先日の司教総会でも四旬節の公式祈願の翻訳が議題となりましたが、全体の翻訳の完成にはもう少し時間がかかるだろうと思われます。もっとも、そうやって新しい翻訳が使われるようになれば、そのときには今一度、典礼をしっかりと学び直す機会となることも期待できるでしょう。何となくミサの時間を過ごしてしまうようなことも、防げるのかもしれません。私たちの信仰生活の中心にあるミサですから、しっかりと学び、なおいっそう心を込めて捧げていきたいと思います。

|

札幌です

この月曜日は札幌の司祭月例会があるので、昨日、日曜の午後に新潟から札幌へ飛んできました。昨日の新潟は穏やかな天候で雪がちらつきましたが、市内では積もるほどではない。しかしどうも昨日は新千歳あたりが大雪であったらしく、新千歳から飛んでくる北海道国際航空(AirDO)の新潟便がなかなか到着しない。結局90分ほど遅れて新潟に到着。折り返しもその程度に遅れて出発。すると機長から、新千歳は除雪作業中で、着陸の順番待ち。苫小牧沖で旋回待機中とのアナウンスが。しかも降りられなければ旭川か羽田に向かうとまで。結局予定より2時間近く遅れて新千歳に到着。降りてみると、二本ある滑走路の一つを閉鎖して、除雪車の大軍団が作業中でした。それでも上空からは札幌の市街地がきれいに見えていたのですから、北海道の天気は不思議です。

空港で夕食を済ませ快速エアポートに乗って札幌駅へ。夜8時近くに到着したのですが、なんと隣のホームには午後2時頃発の寝台特急トワイライトエクスプレスの表示が。あれは結局6時間以上遅れて大阪へ向けて出発したのでしょうか。昨日は、以前トンネル内で火事になった特急と同じ車輌から煙が出て騒ぎになったり、さらに先日は稚内方面へ向かった特急が雪で立ち往生したりと、この時期のJR北海道はいろいろと大変な季節であると感じさせられます。確かにぴりりと寒い札幌です。

今日はすばらしい晴天の札幌でしたが、除雪の雪で狭くなった道路を通り花川へ。司祭の月例会でした。午前中は情報交換会。午後からは講師をお願いしての勉強会でした。

明日は札幌教区の顧問会と、午後からは司祭連絡会。そしてそのまま夜は札幌カリタスの運営委員会。春はまだ遠い。

|

2012年2月24日 (金)

カリタスアジア事務局長交代

Bonnie1201

昨年5月から私が責任者を務めているカリタスアジアの事務所はバンコクにあります。もちろんそんなにしばしば私が出かけることはできませんが、事務所にはフルタイムの事務局長(Regional Coordinator)と事務局員がおります。これまで3年以上、任期を延長して事務局長を務めてくださったパキスタン出身のボニー・メンデス神父がこのたび離任し、後任にフィリピン出身のエリアザル・ゴメス氏が就任しました。ゴメス氏は2月1日からバンコクに赴任し仕事を始めましたが、この一ヶ月は新旧引き継ぎの時期としていました。その引き継ぎも無事終わり、メンデス神父が帰国することになったので、最終的な引き継ぎと、感謝のパーティーを行うため、バンコクに来ました。もともと来月3月の半ばに会議が予定されているのでまた来なくてはいけないのですが、前任者が最終的に帰国するときに責任者がいないわけにも行かないので、急遽バンコクへ2日だけ来ています。

Bonnie1204

昨晩はバンコクにいるカリタス関係者など30名ほどを事務所に招いて、送別会を行いました。ちょうどメンデス神父が司祭叙階金祝(つまりそれくらいの年齢で、この数年がんばってくれました)を迎えているので、送別会は感謝ミサで始まりました。その後食事会に。食事が終わると新しい事務局長のゴメス氏が用意してくれたメンデス師の活躍場面のスライドショー。メンデス師はパキスタンでもまたアジアでも、長年にわたり社会的な司牧活動や正義と平和の活動で活躍されてきました。写真を見ながら大勢と一緒に楽しい時間を過ごしました。下の写真が、新旧の事務局長を入れた、現在のカリタスアジア事務局のスタッフです。(左から二人目がメンデス師。左から三人目がゴメス氏)

|

2012年2月22日 (水)

バンコクへ移動中

灰の水曜日です。四旬節が始まりました。今年も四旬節に合わせてカリタスジャパンでは小冊子を用意しました。今年の小冊子「つなぐ」は東日本大震災復興支援に関わっている現場のカリタス関係者が執筆しました。いろいろな出会いがありました。私自身が最初の話を書いていますが、その中にも記したように、復興を目指して歩んでいる方々を忘れることなく、共に歩み続けるという姿勢を、信仰のうちに保ちたいと思います。

カリタスジャパンの通常の援助事業は国内外の開発援助、災害復旧支援など多岐にわたりますが、その資金は皆様からの募金・献金です。隔月発行のカリタスジャパンニュースやホームページで、随時、その使途を公開しています。また年に一度は募金してくださった皆様に小冊子の報告書もお届けしています。このカリタスジャパンの支援の資金のうち、三分の一は四旬節献金です。どうぞ皆様の豊かな心を、今年の四旬節献金に反映してくださいますようにお願いいたします。

今朝は新潟教会で坂本神父の司式する灰の水曜日ミサに一緒させて頂き、頭に灰を受けることで神の前での謙遜さの重要性を今一度思い起こしました。昨年来、私たちは大災害の被害を目前にして、人間の知恵と知識の限界を思い知らされました。神の力の前に如何に人間の力の小さなことか。その謙遜な気持ちを常に忘れずに人生を歩みたいと思います。神から与えられたたまものである生命が、その始まりから終わりまで、十分な尊厳のうちに、与えられた使命を豊かに果たすことができる環境を確保することを目指して、務めたいと思います。

カリタスアジアのRegional Coordinator(事務局長)が2月末を持って新旧が完全に入れ替わります。引き継ぎの最終段階に立ち会うために、明日、木曜と金曜にバンコクで会議です。というわけで、いまからバンコクへ。

|

2012年2月20日 (月)

間もなく四旬節が始まります

Snow1206

今週の水曜日は灰の水曜日です。四旬節が始まります。伝統的に教会において四旬節は、「祈り」と「節制」と「愛の業」という三点をもって、信仰を問い直す「時」となっています。その三点はどれも私たちの信仰の基本とも言うべき構成要素です。「祈りと節制」は、自分自身の心に問いかける内的な問題と考えることもできるのでしょうが、「愛の業」は、その対象となる「相手」の存在なしには成り立ちません。自分と他者とのかかわりの中で、「愛の業」をどのように具体的に実践しているのかという、自分自身に対する問いかけが四旬節には不可欠です。そして自らの心を見つめ直すことは私個人の問題なのではなく、それは愛の業と結びつくことによって、信仰は他者との交わりの中で生き抜くものであることを思い起こさせます。私たちの信仰は自己満足や安心するための信仰ではなく、徹頭徹尾、共同体に生きる信仰です。

教皇様は四旬節にあたりメッセージを発表されています。こちらをクリックすると中央協のページに飛びますのでご覧ください。その中で教皇様は「互いに思いやりを持ちましょう」と呼びかけ、一つの体を共に作る兄弟姉妹に対する霊的な責任を果たすように呼びかけます。東日本大震災のあと世界中から支援の手がさしのべられています。実際に現地へ出かけた方も多くおられたと思います。信仰に生きる私たちにとっては、単に人間としての優しい性格に基づいてそうしているのではなく、「互いに助けるもの」として神から創造された兄弟姉妹としての責務を果たしていくという信仰の視点からも、私たち自身の行動をふり返ることが大切だと思います。

また四旬節にあたり司教協議会会長の池長潤大司教が、「四旬節の過ごし方」というメッセージを発表されています。こちらをクリックすると飛びます。どうぞこちらのメッセージもご一読ください。

ところで中央協から二冊の新刊本が出ておりますのでご紹介いたします。1冊目は今年の10月から始まる「信仰年」の開催の告示である「信仰の門」。多くの方々に読んでいただきたいと活字を大きくしてあるとのこと。一冊税込み126円です。是非お買い求めの上、この四旬節に繰り返してお読みになることを勧めます。

また社会司教委員会から「なぜ教会は社会問題に関わるのかQ&A」が出版されました。教会が社会に関わる理由をわかりやすい問答式で教えをまとめています。興味のある方は是非どうぞ。一冊630円です。

新潟は市内でも雪が続いておりますので、雪を取り除く作業が大変です。(上の写真は司教館前で除雪をする教区事務所関係者)

|

2012年2月17日 (金)

司教達の祈り

Cbcj1201

東京は潮見にあるカトリック中央協議会の建物の入り口付近には、歩道に面して掲示スペースが二つあります。右側の小さめの掲示板にはカトリック新聞が掲示してありますが、左側の大きなスペースには、その季節に応じた聖句や飾り付けなどが、総務担当者によって施されています。司教総会が開催されていた今週、そこには司教達の東日本大震災で被災された方々への司教達の祈りと思いが、大きく引き延ばした仮設住宅での写真と共に掲示されていました。15日の水曜日にも日本のすべての司教が共に集い東京のカテドラルで祈りを捧げました。実際に現場で多くの方がカトリック教会の援助団体であるカリタスジャパンの名前で活動してくださっており、それを通じて教会の思いが現地の方々に少しでも伝わればと願っています。そしてその後ろに、全国の多くの方々の祈りによる支えがあることも、心にとめてくださればと思います。

|

司教総会終了

Gacbcj12

毎年二回、2月と6月に開催される司教総会。6月を「定例」、2月を「臨時」としていますが、2011年度の臨時司教総会が今週の月曜午後から開催され、昨晩で終了いたしました。一応予定では金曜日の午前中も予定されていましたが、幸いにも議事が順調に進み、予定より数時間早く終えることができました。議事の内容はカトリック新聞で報道されますので、そちらをご覧ください。

総会のはじめには、恒例ですが、教皇大使がおいでになり、メッセージを頂きました。写真上は、総会の最初にメッセージを朗読されるチェノットゥ教皇大使。司教総会には現在現役の17名の司教全員と、男女の修道会代表者が参加しました。

Gacbcj1202

水曜日には午後5時から東京カテドラル関口教会に場所を移して、全司教と教皇大使の共同司式で、東日本大震災の被災者を追悼して祈りを捧げ、一日の早い復興を祈り求めました。このミサには、教皇大使が各国の駐日大使に招待を出し、大使本人を始め40カ国以上90名近い関係者が参加し祈りをともにしてくださいました。聖堂には400人ほどの方々が、平日のこの時間であるにもかかわらず集まり、ともに祈ることができました。感謝します。各国大使がこれほど一堂に集まるということで、地元の所轄署がしっかりと警備に当たってくださいました。写真はミサが終わり、帰路につく各国大使館の車。カテドラルの正面で。ミサのはじめには、カリタスジャパン事務局で準備した、東日本大震災被災地で働くボランティアの姿を中心にしたスライドショーの上映もありました。ミサ後には教皇大使を囲んで司教団の夕食会もありました。

司教総会のためにお祈りくださった皆さん、ありがとうございました。

|

2012年2月13日 (月)

新潟新発田地区会計説明会@新潟教会

Kaikei1201

昨日の日曜日午後1時から4時過ぎまで、雪の中、新潟教会の信徒ホールに30人近い方々が参集して、新潟地区と新発田地区の会計説明会が開催されました。教区会計を兼任する事務局長の大瀧師と事務担当の中村さんが、小教区での会計の取り扱いなどについて詳しい説明をされました。今後、同じような説明会を、他の地区でも順次開催していく予定です。責任ある会計の処理をしっかりと行い、また教区としての財政的健全化を進めるためにも、皆様のご協力のほど、お願いいたします。

|

2012年2月12日 (日)

瓢湖の白鳥

Hyouko1201_3
札幌教区の故田村師の葬儀が終わり新潟へ戻っての数日間、五島への巡礼が成立しなかったため、ちょっとだけ時間に余裕ができました。とはいうものの、すでに締め切りを遙かに過ぎている原稿を書かなくてはならず、そのためにかなり時間を費やしました。1987年に発表されているヨハネ・パウロ2世の回勅「真の開発とは」が再版されることになったので、その解説をと依頼されていたのです。やっとつい数分前に、おおむね書き終えました。書きすぎたので、これから削らなくてはなりません。

Hyouko1203_2

写真は新潟県阿賀野市水原にある瓢湖の数日前の模様。近くまで行く用事があったので、せっかくだからこの時期訪れる白鳥を見に行きました。ラムサール条約に登録されている人工の湖で、白鳥が大量に飛来することと、長年にわたって餌付けが行われてきたことで有名です。この日は、掲示されていたところによると、3005羽がいたのだそうです。ちゃんとカウントして掲示されています。それ以外にもカモが様々たくさんおりました。

Hyouko1202

一日に三回えさやりの時間があり、ちょうどタイミング良くそれをみることができました。写真の通りですが、凄まじいほど大量のカモがえさをやる職員の方に群がり、ちょっと不気味なほどでありました。

さあ、明日から金曜日までは司教総会です。

|

2012年2月 7日 (火)

田村神父様の葬儀が終わりました

先週金曜日の午後になくなられた札幌教区司祭、アシジのフランシスコ故田村忠義神父様の通夜と葬儀が予定通り終了しました。どちらもフランシスコ会が担当する北十一条教会で執り行いました。札幌市内で一番大きな聖堂だからです。97歳になるまで、いわば現役で各地を回られておられたので、本当に多くの方が別れを惜しんで聖堂に集まって祈ってくださいました。

通夜も葬儀も司式は、前教区司教の地主司教様にお願いしました。もちろん通夜も葬儀もどちらの説教も地主司教様。長年にわたる田村神父様との歴史を振り返り、いかに最後の最後まで教会のために力を尽くしたかを力説してくださいました。語り始めたら止まることのないほどたくさんの思い出がある様子でしたが、その中でいくつかを選んで、特に地主司教様自身の召命に関わる重要な出会いを話してくださいました。召命はやはり出会いから始まると感じました。
 

葬儀では30名近い司祭団が共同司式をいたしました。その中にはかつて田村神父様が最初の邦人司祭として東京カトリック神学院長を務めた当時の「教え子」司祭も数名おられました。そういった「教え子」を代表して、東京教区の西川神父様が弔辞を述べられました。

お祈りくださった皆様に感謝します。札幌市内は、葬儀が始まった頃から雪模様となりました。R.I.P.

|

2012年2月 5日 (日)

真冬の2月の予定

Snow1205

とてつもなく寒くなった今年の2月の予定を、まだ記しておりませんでした。写真は数日前に東京から戻るとき、浦佐駅のあたりで珍しく晴天で、おもわず新幹線の2階の窓から撮影したものです。新潟市内の雪はこの週末少し落ち着きましたが、来週半ばにはまたまた降雪の予報。司教館の屋根にも雪が積もり、私の部屋の窓にも迫っていたので、昨日はシャベルを片手に屋根に登り、雪下ろしとまでは至りませんでしたが、日陰の角から日当たりのいい場所へと雪を移動させました。日頃の運動不足がたたり、体中が痛い。

  • 2月6日 故田村忠義師通夜 (札幌・北十一条)
  • 2月7日 故田村忠義師葬儀 (札幌・北十一条)
  • 2月13日~17日 司教総会 (東京)
  • 2月20日 月曜会ミサ (新潟)
  • 2月23・24日 カリタスアジア会議 (バンコク)
  • 2月27日 札幌司祭月例会 (札幌)
  • 2月28日 札幌教区司祭連絡会 (札幌)
  • 2月28日 札幌カリタス会議 (札幌)

なお、2月15日午後5時から、司教団主催で『東日本大震災1周年を前にして、犠牲者追悼と復興祈願ミサ』が東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂で執り行われます。教皇大使も同席されます。近隣の方、どうぞ一緒にお祈りください。

 

|

2012年2月 3日 (金)

訃報:田村忠義師(札幌教区)

札幌教区の最長老司祭である田村忠義神父様が、本日午後4時45分に、引退されていた函館のホームで亡くなられました。97歳でした。

田村神父様は新潟教区の故三森師と一緒に戦前にローマに留学し、三森師と同じ日、1944年3月19日にローマで司祭に叙階されました。戦後に日本に戻り、札幌教区のいろいろな教会の司牧をした後に、1965年にはカトリック中央協議会の事務局長に就任。さらに1970年から5年間、東京カトリック神学院の院長を務められました。2004年からは函館のグロード神父様が設立された旭ヶ岡の家で隠退生活を送っておられました。とはいえとてもお元気で、私が札幌教区管理者となり、初めて教区顧問会議を開催したときには、90を悠に超える田村神父様が現役の顧問としておられたのにびっくりしました。昨年後半に体調の衰えを訴えて顧問を引かれましたが、96歳まで現役の司教顧問として、様々な助言をくださいました。そして小教区もしばしば訪問しミサも積極的にお手伝いくださっておりました。

故田村忠義神父様の通夜・葬儀は以下の日時で行われます。

  • 通夜:2月6日(月) 午後6時 北十一条教会
  • 葬儀:2月7日(火) 午前10時 北十一条教会

(通夜と葬儀はカテドラルの北一条ではなくて、北十一条教会で行われますのでお間違えないように)

どうぞ田村神父様の永遠の安息のためにお祈りください。R.I.P.

|

2012年2月 1日 (水)

大雪@新潟

Winter1201

この冬は各地で寒さが厳しく、また降雪も激しいと報道されておりますが、雪国新潟も例年以上の大雪になっております。普段はそれほど降雪のない新潟市中心部など海岸部でも、この数日は大雪となっています。今日も朝から激しく雪が降り続いております。新潟県内の山間部は豪雪地帯として知られておりますが、今年も激しい積雪で、除雪のための予算が足りなくなったり、雪下ろしの事故に遭遇される方がおられたり、本当に雪との戦いが展開されています。

日曜日の午後に札幌へ飛び、月曜日には札幌の司祭月例会に出席してきました。札幌は、当然のように寒い。昨年も一度そういうことがありましたが、今年もまた札幌の司教館の私が使っている部屋がある部分(外から見ると、司教館と連絡通路で結ばれた昔ながらの土蔵の部分です)では、水道が凍結しておりました。飲み水はどうにかなるものの、トイレが使えないのが痛い。業者にお願いしましたが、同じような例がある模様で、業者も忙しい。さいわい、月例会は花川のマリア院(ゲオルギオのフランシスコ修道会の修道院)で行われるので、その晩はそちらに宿泊。翌朝には業者の方が来られ、初めてみるような通電する装置で氷を溶かしていってくれました。さすがに札幌は、本当に「パキーン」と音がしそうなほどに、乾いた寒さで満たされていました。

昨日は札幌は寒いけれどほぼ晴天。新潟へ戻る夕方の便を予約していましたが、今度は新潟の雪で飛行機が飛ぶかどうか不安な日でした。最初は機材整備で30分ほどの出発遅れ、その後機材の変更となり、結局1時間の遅れでしたが無事新潟へ戻ることができました。

本日は午前10時から聖母学園の理事会と園長会。新潟県内に17の幼稚園を抱えるカトリックの学校法人です。雪の中、関係者が会場の司教館まで大変な思いをしてきてくださいました。写真は本日朝の、雪の中の新潟教会。

|

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »