« 真冬の2月の予定 | トップページ | 瓢湖の白鳥 »

2012年2月 7日 (火)

田村神父様の葬儀が終わりました

先週金曜日の午後になくなられた札幌教区司祭、アシジのフランシスコ故田村忠義神父様の通夜と葬儀が予定通り終了しました。どちらもフランシスコ会が担当する北十一条教会で執り行いました。札幌市内で一番大きな聖堂だからです。97歳になるまで、いわば現役で各地を回られておられたので、本当に多くの方が別れを惜しんで聖堂に集まって祈ってくださいました。

通夜も葬儀も司式は、前教区司教の地主司教様にお願いしました。もちろん通夜も葬儀もどちらの説教も地主司教様。長年にわたる田村神父様との歴史を振り返り、いかに最後の最後まで教会のために力を尽くしたかを力説してくださいました。語り始めたら止まることのないほどたくさんの思い出がある様子でしたが、その中でいくつかを選んで、特に地主司教様自身の召命に関わる重要な出会いを話してくださいました。召命はやはり出会いから始まると感じました。
 

葬儀では30名近い司祭団が共同司式をいたしました。その中にはかつて田村神父様が最初の邦人司祭として東京カトリック神学院長を務めた当時の「教え子」司祭も数名おられました。そういった「教え子」を代表して、東京教区の西川神父様が弔辞を述べられました。

お祈りくださった皆様に感謝します。札幌市内は、葬儀が始まった頃から雪模様となりました。R.I.P.

|

« 真冬の2月の予定 | トップページ | 瓢湖の白鳥 »

司教の日記」カテゴリの記事