« 帰国しています | トップページ | 青山教会で堅信式@新潟 »

2012年5月25日 (金)

ローマでの写真を少し

Gaudcirepco01s
5月15日から国際カリタスの代表者委員会(以前の執行委員会)に参加するためローマにおりましたが、そのとき代表者委員会全員で教皇様の一般謁見に出かけたことはすでに記したとおりです。そのときの写真を数枚掲載します。

Gaudcirepco02
一般謁見は水曜日の午前10時半頃から始まり、昼過ぎまで続きます。この時期は聖ペトロ大聖堂の前で行われますが、季節や天候によっては隣のパウロ6世ホールになることもあります。もっともちょっとくらいの雨であれば、大聖堂の前、つまり屋外で行われます。この日(5月16日)は日差しの強い日で、教皇様を待つ間ステージ上で座って待っていた司教達に、係が備え付けの傘を配布してくれましたが、それが白と黄色のバチカンカラーに塗られている特製でした。傘の向こうに見えるのが一般謁見に集まった人たちですが、ご存じのように事前に申し込んで入場券を手に入れる必要があります。また事前に所定の手続きをするとステージ横の教皇様に近いところに入る可能性もあり、さらに所定の手続きをすると、直接教皇様とお会いして祝福をいただくことができます。よく、新婚のカップルがウエディングドレス姿でやって来て、教皇様から祝福されていたりします。

Gaudcirepco03
また司教達は通常、スータンを来て出かけるとステージ上に入ることが許され、謁見後に教皇様に挨拶をすることができます。謁見それ自体は、教皇様のイタリア語での講話(翻訳は毎週、カトリック中央協議会のHPに掲載されます)、そのあと数カ国語で巡礼団などの紹介(日本の団体は英語の紹介です)と教皇様のそれぞれの言葉での短い挨拶、最後に祝福で終わりです。この祝福の際には、持参したロザリオなどに教皇様からの祝福をいただくことができますし、また祝福は家族にまでおよびます。そのあと枢機卿や司教が並んで挨拶をし、さらに上記の祝福をいただく人たちが続いて、昼過ぎに終了です。

Gaudcirepco04
すぐ上の写真が聖ペトロ大聖堂(右手)前のステージの様子。ちょうど教皇様がオープンのジープで広場を回り、ステージ裏に車を着けて席に着かれたところです。そしてこの記事の一番上の写真が、教皇様に挨拶するために並んでいる司教達です。私がちょうど挨拶しているところです。この日はたまたまスータンを持参していなかったのですが、通していただけました。私の後ろはカリタスアフリカ総裁のシロタ司教です。教皇様の周りはカメラが数台ありますが、これは指定の写真屋さんとバチカンの新聞社などのもので、後ほどこの写真は購入することができるのだそうです。

|

« 帰国しています | トップページ | 青山教会で堅信式@新潟 »

司教の日記」カテゴリの記事