« 明日は新潟教区創立100周年のお祝いです | トップページ | 訃報:ヨゼフ野田實神父 »

2012年10月 8日 (月)

新潟教区100周年行事無事終了

Cent14

新潟教区の創立100周年記念行事と教区大会は、10月7日8日の二日間開催され,無事に終了しました。参加してくださった多くの方に感謝いたします。

7日は前晩から強い雨が降り,一時はどうなることかと心配しましたが、昼頃から雨も上がり,午後1時半にミサを始めた頃には曇天ながら持ちこたえてくれました。700人以上が参加した感謝ミサは,聖堂に入ることのできる人が限定されるため、教会の庭に設置した二つのテントと、信徒会館一階会議室でもたくさんの方が祈りを共にしました。正面のテントと,会議室には聖堂内の映像が配信されました。

Cent10

私が司式したミサには、チェノットゥ教皇大使、岡田大司教、梅村司教、平賀司教が参加してくださり、パリ外国宣教会、神言会、フランシスコ会、イエズスマリアの御心会の管区長をはじめ40名を超える司祭団が共同司式してくださいました。ミサでは説教後に,この一年をかけて教区を巡回してきた二つの十字架と,それと一緒に巡回してきたノート2冊が奉献され、あらためて教区の絆を確認しました。また拝領後には青年たちが,自ら作詞作曲した100周年の歌を,披露してくれました。

Cent08

ミサ後にはバスで駅前の東映ホテルへ移動。400人を超える方が祝賀会に参加してくださいました。祝賀会はまず新潟清心女子中学高校のハンドベル部の演奏で始まり,その後会食となりました。祝賀会では青年たちが再び100周年の歌を披露したり、独唱があったり、新庄教会の方々のダンスがあったり、新潟市内教会の特設合唱団が歌を披露したりと,楽しいひとときを過ごしました。私もできる限りすべてのテーブルを回って挨拶をさせていただいたつもりです。

そして今日は教区内の小教区の代表350人ほどが参加して,教区大会でした。まず上智大学で教えるイエズス会の瀬本正之神父の講演会。その昔、私が神言会で助祭であった頃、瀬本師はイエズス会で助祭であり、ある研修会でご一緒したことがありました。

その後、司教館建設委員会のメンバーである坂口氏から,司教館建設計画の説明があり,大瀧師がそのための特別献金について説明をいたしました。ご協力をお願いいたします。

引き続いて私が信仰年と教区宣教宣言についてお話をさせていただきました。そのあとに聖体降福式をおこない、そのなかで各小教区の代表から宣教宣言の奉献をしていただきました。最後にロシアのハバロフスク教会へと,巡回してきた十字架の一本が引き渡されました。

Cent17

参加してくださった方々、企画運営をしてくださった委員の皆さん、本当にありがとう。3年もかけて考えて考えて実施しただけあり、良いお祝いになったと思います。お帰りには皆さんに,新潟のおいしい米を使った醤油おこわをお持ち帰りいただきました。

|

« 明日は新潟教区創立100周年のお祝いです | トップページ | 訃報:ヨゼフ野田實神父 »

司教の日記」カテゴリの記事