« 新潟教区の人事異動公示 | トップページ | 教皇選挙の日程が決まりました »

2013年3月 8日 (金)

聖園短大卒業感謝ミサ@秋田

Misono1301
本日、8日金曜日の午前10時から、秋田カトリック教会聖堂において、聖園短期大学の卒業感謝ミサが行われ、私が司式させて頂きました。先週の聖霊高校卒業式の日とは打って変わって秋田でも少なからず暖かさが戻り、雪もやっと溶け始めておりました。

新潟教区内には、いわゆるミッションスクールがそれほど存在しません。秋田県に高校が一つと短大が二つ。そして新潟県に高校が一つ。山形県には一つもありません。少ない分大事にしたいと思っていますので、できる限り卒業式関連行事には顔を出すことにしていますが、日程調整の都合から、短大では聖園のミサ、そして聖霊の式に出席しております。

今年の聖園短大の卒業生は124名。ミサには教職員の方々も20名ほどと、そして一年生が130名ほど。聖園短大はもともと女子短大ですから生徒の大多数は女性ですし、今年の卒業生もすべて女性ですが、一年生には男子学生がおります。今日のミサには、その男子学生たち十数名も初めて参加しておりました。来年以降も少しではありますが、男子生徒が入学してくるとのこと。特に将来は幼稚園や保育園で働く人材を育成する学校ですから、現場で必要とされている男子の保育者をどんどん輩出することが期待されています。

Misono1302
今日の感謝ミサでは教職員やシスターなどに混じって、卒業生から二人が聖体拝領の列に並びました。つまり在校生250名ほどのうちに2名は信徒がいると言うこと。これを多いとみるか少ないとみるかは、状況によりけりですが、私の経験している現状から見れば多い。しかしながらそのうちに一人は、実はシスターであります。那覇教区で働くベトナム出身のシスター。雪の多いこの地でよく頑張りました。来週の卒業式には押川司教さんもおいでになるのではないでしょうか。そしてもうひとりが上の写真の新潟出身の彼女。よく頑張りました。私が新潟の司教になった年に中越の地震があり、新潟教区のカリタス担当である町田神父が信徒の方々と一緒に様々な支援物資を現地へ運びました。そのときに、確か小学校6年生だったと思いますが、一生懸命に町田師を手伝って荷物を運ぶ彼女の姿が記憶に焼き付いています。その彼女がもう短大を卒業して大人の仲間入りに。時間がたつのは、本当に速いと実感いたしました。

卒業生の皆さん、本当におめでとう。今後の活躍に期待します。

明日には新潟へ戻り、日曜日は新潟教会で東日本大震災の二年目にあたり追悼と復興を祈願するミサを捧げます。ミサは私の司式で、通常の主日ミサ、9時半のミサで行います。

|

« 新潟教区の人事異動公示 | トップページ | 教皇選挙の日程が決まりました »

司教の日記」カテゴリの記事