« 教皇選挙の日程が決まりました | トップページ | カリタスアジアの会議中です@バンコク »

2013年3月10日 (日)

まもなく2年、追悼のミサ@新潟教会

東日本大震災が発生してから明日で2年です。今日の日曜日、午前9時半からカテドラルの新潟教会で東日本大震災発生2年にあたり亡くなられた方々を追悼し復興を祈願するミサを捧げました。小雨模様の寒い朝でしたが、新潟教会以外からも大勢の方に参加して頂きました。

新潟教区では、被災地である仙台教区とちょうど背中合わせであり、秋田や山形からは新潟を経由するよりも直接でかけた方が近いことや、教区全体に若い人が少ないことなどの実情を考慮して、教区の中で仙台から一番遠い新潟にボランティアセンターなどの本部を設けず、それぞれの小教区が直接支援を実施するようにしてきました。新潟市内では、市内教会の勇姿がボランティアグループを結成し、当初は福島からの避難者の必要に応えたり、現在は福島での様々な必要に応じる活動を続けています。今後も教区の実情に合わせた支援を考えていきたいと思っています。(なお新潟教区の支援の責任者・全国への窓口担当は、寺尾教会の町田神父様です)

本日のミサの説教を「司教のページ」に掲載していますので、ご覧下さい。リンクはこちらです

東北の出身者としては、東日本大震災という言葉の陰に「東北」が隠れていくような気がして、もちろん東北だけが被災地ではないのですけれど、でも全国の方々に東北を記憶していてほしいと感じております。明日は、一緒に、東北の方々と一緒にお祈りいたしましょう。

今日はミサ後に秋田へ再び移動しました。明日が聖霊短大の卒業式だからです。かなり苦労して秋田へ来ました。すさまじい暴風雪の秋田です。新潟と秋田を結ぶ電車は特急「いなほ」が一日に三本のみ。高速バスはありません。そして今日は低気圧接近で強風が見込まれるため三本とも山形県の酒田から秋田の間が早々に運休となりました。あきらめようかとも思いましたが、最終的に新幹線で東京に出て、羽田から秋田へ飛びました。新幹線も大宮あたりの強風とすさまじい砂嵐で遅れ、飛行機は秋田の雪で引き返す恐れありといろいろでしたが、無事秋田に到着。吹雪でありました。

明日の夜はもう一度羽田に移動して、深夜便で会議のためバンコクへ出かける予定です。

|

« 教皇選挙の日程が決まりました | トップページ | カリタスアジアの会議中です@バンコク »

司教の日記」カテゴリの記事