« 教皇フランシスコの司牧訪問の旅@Lampedusa島 | トップページ | 米沢殉教祭ミサ@北山原その2 »

2013年7月14日 (日)

米沢殉教祭ミサ@北山原

Hokusanbara1301
7月1日は福者ペトロ岐部と187殉教者のお祝い日ですが、そのうちの53人の福者殉教者がいる米沢では、本日14日の日曜日に、米沢市の北山原(ほくさんばら)にある殉教地で、記念のミサを捧げました。この地では1629年1月12日、福者ルイス甘粕右衛門をはじめとした53名が、殉教しております。(写真上が、殉教地。住宅街の真ん中になってしまっております)

Hokusanbara1303
この数日の間、新潟や東北では雨が降り続いており、特に山形の日本海側や秋田では激しい大雨となっています。そのため今日のミサも天候が大変心配でありました。しかし、これを奇跡というのかどうかわかりませんが、今日の日曜日の米沢は、朝方までの雨も上がり、9時過ぎには少し青空まで出現。ミサは11時に始まりましたが、それなりの曇り空で、暑すぎずに祈りの時を過ごすことができました。また私の説教中にはなんと激しく太陽が照りつけるなど、本当に良い天気に恵まれて助かりました。もちろん会場となった殉教地にはテントを張り、祭壇の上にもテントを張っておりましたが、やはり雨が降るのと降らないとでは大きな違いがあります。

今日のミサは山形地区のすべての教会から参加があり、加えて新潟市内の教会からも参加者がありました。山形教会と新潟地区からはそれぞれ大型観光バスでの参加でした。新潟地区は、青山教会、新潟教会、花園教会、亀田教会からの参加。共同司式は本間、川又、ワルヨ、ナジの各神父。殉教地に集まったのは、150名ほどではなかったでしょうか。

Hokusanbara1304
ミサ後はその場でブルーシートを敷き、皆でお弁当を。その間に鶴岡教会からは琵琶の演奏が。新潟地区からは歌の披露があり、午後1時過ぎに和やかな雰囲気のうちに殉教祭を終わりました。

なお本日の説教はこちらのリンクの先に掲載しました。ただし、現場ではかなり変更して話しましたので、それは掲載原稿に反映されていません。また列福感謝ミサの説教のリクエストがありましたので、それはこちらのリンクです。

新潟へ戻るため小国街道を走り始めた頃、3時頃には雨が降り出しました。

|

« 教皇フランシスコの司牧訪問の旅@Lampedusa島 | トップページ | 米沢殉教祭ミサ@北山原その2 »

小教区活動」カテゴリの記事