« そして司教総会 | トップページ | ロシア旅行へのお誘い »

2014年6月22日 (日)

寺尾教会訪問

Terao1401
キリストの聖体の主日にあたる本日、新潟市内にある寺尾教会を司牧訪問いたしました。新潟市の郊外、新潟大学のキャンパスに近い住宅街に位置する寺尾教会は、近くに清心女子高校があり、また教会の隣にはノートルダム幼稚園があります。主任司祭は新潟教区のカリタス担当者でもある町田正師。

ほぼ2年に一度の小教区の司牧訪問(公式訪問と呼ばれています)では、堅信式を行うことが多いのですが、残念ながら今年の寺尾教会訪問では堅信はありませんでした。堅信式は教区によっては地区全体などで一括して行われることもあるようですが、新潟教区には30ほどの小教区しかありませんので、司牧訪問をする際に堅信式もそれぞれの小教区で行うことにしています。

今日のミサには寺尾教会の信徒の方に加えて、幼稚園の職員も参加してくださり、聖堂には50名ほどの方々が。前回に比べて聖堂内が広くなりました。というのもこれまであった箱形のパイプオルガンが撤去されたため。本当は今日の司牧訪問で新しい電子オルガンの祝別があるはずでしたが、業者の都合で納品が遅れ、残念ながら祝別は先送りに。

Terao1402_2
ミサ後には司教を囲んでの集いを一時間ほど。いくつかの質問を頂きましたので、お答えしました。そのあと、会場を聖堂の隣のホールに移して昼食会。朝早く出てこられた女性グループが、おいしい豚汁を用意してくださってました。また昼食会ではそれぞれの自己紹介も頂きました。昼食後には残った有志でさらに質疑応答。午後3時頃に終了となりました。

Urushibara1401
新潟教会では本日、カトリック東京ボランティアセンター(CTVC)の漆原氏と、福島やさい畑の柳沼氏による講演会と、福島の野菜販売が行われました(写真上中央が漆原氏。その右の後ろ姿が柳沼氏)。私が新潟教会に戻った時にはすでに終了し、残念ながら漆原氏や柳沼氏とは会うことができませんでしたが、残っていた信徒の方によれば盛況であったそうです。福島にどのようにこれからも関わっていくことができるのか、考える一助になればと思います。(下2枚の写真は新潟教会の野村さん提供)

Yasai1401

今週は火曜日から木曜日に郡山を主会場にして全国の教区の復興支援担当者が集まる年に一度の会議が行われます。その後金曜から日曜は秋田の聖体奉仕会で会員の集いです。

|

« そして司教総会 | トップページ | ロシア旅行へのお誘い »

司教の日記」カテゴリの記事