« 北山原殉教祭@米沢 | トップページ | 仙台支援会議など@仙台 »

2014年7月18日 (金)

平和旬間の行事@新潟

毎年8月6日から15日は、カトリック教会の平和旬間です。広島の原爆の日に始まり、長崎の原爆の日を経て、太平洋戦争が終結した日までの10日間を、特別に平和について考え祈る『時』としてきました。広島や長崎ではそれぞれ特別の行事が開催されますが、距離がありますので参加するのは容易ではありません。それぞれの教区で、様々な行事が予定されています。各教区のまとめについてはこちらの中央協ホームページをご覧ください。

また、平和旬間にあたり、司教協議会会長の談話も発表されています。ウクライナや中東、とりわけイスラエルとパレスチナの間で対立が激化し多くの生命が奪われています。またアジアでも、特に南アジアでは武力紛争が絶えていません。加えて、東アジアでは、お隣の中国の大国意識の発揚ともとれる挑発と、それへの対抗で緊張が高まり、日本もその雰囲気の中で、内向きな国防意識が高まっております。皆それぞれ自分の国を守ることは大切ですが、それにばかり集中すると、実は全体としての対立の火種が大きくなってしまうことは歴史が証明しています。地球レベル、いや神からの被造物としての人類全体のレベルからものを考えることが、いま必要ではないかと思います。

新潟教区では、正義と平和担当の佐藤勤神父が中心になって、毎年一日の行事を新潟教会で行っています。それ以外にも、秋田や山形、また長岡地区ではそれぞれ地域に応じた行事が行われてきました。(各地の予定は是非、教区本部にお知らせください。教区ホームページに掲載します。また行われたら写真と共に私のメールに報告いただけると、ここで紹介します)

新潟の平和旬間行事は、諸般の都合で7月に行います。以下の通りです。

    • 講演会と平和祈願ミサ
    • 【日時】 2014年7月27日(日曜) 13時30分より
    • 【会場】 カトリック新潟教会 信徒会館1階
    • 【講師】 伊藤幸史神父
    • 【講演】 「共働学舎」平和を作り出し育む現場から活動報告
    • 【平和祈願ミサ】
    • 15時30分、カトリック新潟教会 聖堂 司式 菊地功司教

講師の伊藤幸史神父は、ご存じのように東京教区から派遣されて、現在、糸魚川教会の協力司祭を務めてくださっておりますが、その前は、日本カトリック神学院の副院長として東京キャンパスで働いておりました。また当日、私は午前中が新津教会で堅信式の予定となっています。その後、新潟教会に戻って平和祈願ミサを司式いたします。どうぞご参加ください。

なお糸魚川教会つながりですが、同教会主任司祭のブルーノ・ファブリ師(フランシスコ会)は、6月始めに足の傷の化膿などを原因として高熱と共に体調を崩し、入院されております。治療の必要から当初は一週間ほど眠らされていたとかで、本人曰く、天国の近くまで行った夢を見たそうです。現在は回復に向かっておりますが、歩行のためのリハビリが必要で、しばらくは休養となります。ブルーノ神父の回復のためにお祈りください。

|

« 北山原殉教祭@米沢 | トップページ | 仙台支援会議など@仙台 »

司教の日記」カテゴリの記事