« 司祭団待降節静修@新潟 | トップページ | 聖地巡礼に出かけています »

2014年12月 5日 (金)

神学生と対話集会@東京キャンパス

Seminary1401
昨日、木曜日は月例の常任司教委員会が朝から潮見で。午後3時過ぎに会議が終了したところで、横浜の梅村司教の車に乗せてもらって、上石神井の日本カトリック神学院東京キャンパスへ。今度は神学院の運営を担う神学院司教常任委員会。一年に一度、福岡と東京のキャンパスで、一泊で開催されることになっています。今年はすでに福岡へ出かけているので、今回は東京キャンパスへ。

Seminary1402
ご存じのように、以前は九州の教区司祭養成のための福岡サンスルピス神学院と、本州、四国、北海道の教区司祭養成のための東京カトリック神学院の二つに、日本の教区司祭養成は分かれていました。しかし、課題は知的養成を担う教員の減少。同じ人物が、同じ科目を、二つの神学院で掛け持ちで教えることも珍しくない。そこで幾多の話し合いを経て二つを合同し、2009年4月から、日本カトリック神学院として、主に16教区の教区司祭の養成機関となりました。

とはいえキャンパスは二つのまま。東京は最初の二年と最後の一年、つまり哲学2年と助祭コース一年。福岡は神学の3年のために開設されています。これは6年を経過したところで見直しをすることが当初から決められているので、これまでの養成の課程で表面化してきた様々な課題を考慮しながら、最善の方策を司教団で話し合いを続けています。結論が出るにはまだ少し時間がかかるかもしれません。

Seminary1403
常任司教委員会は各管区から二名ずつの6名の司教で構成され、長崎の高見大司教を委員長に、長崎管区は浜口、大阪管区は前田、大塚、東京管区の梅村と私が委員です。昨日は晩の祈りから神学生に合流し、そのまま一緒に夕食。その後、教室で神学生と対話集会。いろいろな質問が出て、有意義な1時間強を過ごしました。

そして今朝は6時15分から神学生と一緒に朝の祈り。念祷につづいて7時10分から朝のミサ。前田大司教の司式。朝食後に院長ほか養成のスタッフを交えて常任司教委員会がお昼まで。

私は明日から聖地巡礼に出かけるので、会議後すぐ失礼しましたが、司教さんたちはその後昼食を神学生と一緒にとってから解散。東京はすばらしい快晴でありましたが、関越のとネルを過ぎて越後湯沢駅に到着すると見事な雪。新潟も軽く雪が降っておりました。新潟市内はこの冬初めての雪となりました。

ところでこの日本カトリック神学院に新潟教区の神学生はおりません。このところ新潟教区からは神学生が誕生しておりません。どうかどうか、召命のためにお祈りをお願いします。召命担当の青山教会の坂本神父が、12月28日と29日に、雪の妙高教会で召命黙想会を企画しています。これはと思う青年がおられたら(ちなみに黙想会は男女)、是非勧めてみてください。またピンポイントで、これはと思う人物の召命のために祈り倒すというのも、かなり効果があると私は思います。このままでは、本当に新潟教区の数年後は、大変なことになるのが、想像するまでもなく目に浮かびます。どうか、皆様、教区を助けてくださいますように。

|

« 司祭団待降節静修@新潟 | トップページ | 聖地巡礼に出かけています »

司教の日記」カテゴリの記事