« 中国社会牧民研討会@マカオ | トップページ | 神学生と対話集会@東京キャンパス »

2014年12月 2日 (火)

司祭団待降節静修@新潟

Seishu141201
主に新潟県の下越と中越で働く司祭団を対象にした待降節の静修が、新潟の司教館を会場に行われました。静修とは、一日や二日程度の短い黙想会のことです。小教区などの行事では一日でも黙想会と呼ばれますが、黙想会は、たとえば1週間程度の時間をかけ、朝から晩までみっちりと時間を費やす本格的なものであって、短い時間を限られた内容で過ごすものは、それとは別に頻繁に行われるべき霊的な振り返りの時間ですので、静修(英語では黙想はretreat、静修はrecollectionなどと呼ばれています)と呼んでいます。

新潟の司祭団の静修は、通常月曜日の夕方に始まり、火曜日の昼食で終わり。年次黙想会とは別に、待降節と四旬節に行われています。今回は東京教区の前補佐司教である森司教においでいただき、お話をお願いしました。森司教は、せっかく新潟まで来ることだからと、一昨日の日曜日は新発田教会でお話をしてくださったそうです。

Seishu141202
森司教の司祭団へのお話は、ホワイトボードをフルに使って、マタイとルカ福音書を対比させながら、不条理の中でも徹底的に神を信じて生き抜くイエスの姿勢と、イエスを通じて示される神の徹底的な愛といつくしみとについてのお話でした。降誕節に向けてよい準備となりました。北日本は非常に天気の悪い一日となりましたが、新潟もすさまじい強風に見舞われており、荒れた一日でしたが、森司教のお話が聞けるというので、高田にいる高藪師も含めて関係する新潟の司祭団は全員参加。最後はミサの後、いつもの通りカレーの昼食で解散となりました。

さてすでに12月が始まっていますので、今月の主な予定を記します。

  • 12月3日 カリタスジャパン会議 (東京)
  • 12月4日 常任司教委員会 (東京)
  • 12月4日・5日 神学院常任委員会 (東京)
  • 12月6日~14日 聖地巡礼
  • 12月16日~18日 社会司教研修会 (福島)
  • 12月20日 清心女子中高クリスマスミサ (新潟)
  • 12月21日 鳥屋野教会ミサ (新潟)
  • 12月24日 降誕夜半ミサ (新潟教会、午後8時)
  • 12月25日 降誕祭日中のミサ (新潟教会、午前10時)
  • 12月28日・29日 新潟教区召命の集い (予定、妙高)
  • 12月31日 深夜24時(新年)、世界平和の日ミサ (新潟教会)

クリスマスには教会へ! 

|

« 中国社会牧民研討会@マカオ | トップページ | 神学生と対話集会@東京キャンパス »

司教の日記」カテゴリの記事