« 年頭司牧書簡を掲載しました | トップページ | 教会の普遍性と現実の世界 »

2015年1月 5日 (月)

新しい枢機卿の任命

新潟の司教館は本日が仕事始めでした。お正月は完全に休日モードでしたので、気持ちを切り替えていつも通りの生活に戻り、一年を始めました。

さて昨日のお昼、バチカンでアンジェルスを唱えられた教皇様は、その後、新しい枢機卿の任命を発表されました。昨日発表だろうと聞いていましたので、私もユーチューブの生中継で見守っておりました。

すでに新しい枢機卿を任命する枢機卿会(Concistory)が2月14日に開催されることが告知されておりましたので、昨年の例に倣って1月のはじめあたりに発表があるだろうとされておりました。なお枢機卿会は2月12と13日にも開催され、そこでは教皇庁の改革について話し合いが行われ、14日に枢機卿の任命式があり、翌15日に新しい枢機卿と一緒に教皇様はミサを捧げられる予定です。

さて今回任命されたのは20名ですが、そのうちの15名が教皇選挙権を持っている80歳未満の枢機卿です。以下の方々。

  • Archbishop Dominique Mamberti, Prefect of the Supreme Tribunal of the Apostolic Signatura
  • Archbishiop Manuel José Macario do Nascimento Clemente, Patriarch of Lisbon (Portugal)
  • Archbishop Berhaneyesus Demerew Souraphiel, C.M., of Addis Abeba (Ethiopia)
  • Archbishop John Atcherley Dew of Wellington (New Zealand)
  • Archbishop Edoardo Menichelli of Ancona-Osimo (Italy)
  • Archbishop Pierre Nguyên Văn Nhon of Hà Nôi (Viêt Nam)
  • Archbishop Alberto Suàrez Inda of Morelia (Mexico)
  • Archbishop Charles Maung Bo, S.D.B., of Yangon (Myanmar)
  • Archbishop Francis Xavier Kriengsak Kovithavanij of Bangkok (Thailand)
  • Archbishop Francesco Montenegro of Agrigento (Italy)
  • Archbishop Daniel Fernando Sturla Berhouet, S.D.B., of Montevideo (Uruguay)
  • Archbishop Ricardo Blázquez Pérez of Vallodolid (Spain)
  • Bishop José Luis Lacunza Maestrojuán, O.A.R., of David (Panamá)
  • Bishop Arlindo Gomes Furtado, of Santiago de Cabo Verde (Archipelago of Cape Verde)
  • Bishop Soane Patita Paini Mafi of Tonga (Island of Tonga)

アルファベットのままにしたのはなんとお読みするのか、私にはよくわからない名前の方もおられるので。この中に、アジアの出身者は3名。ミャンマーのヤンゴンのBo大司教(サレジオ会)、タイはバンコクの Kovithavanij 大司教、そしてベトナムはハノイのVăn Nhon 大司教。ミャンマーから枢機卿が任命されるのは初めてのことです。日本からは今回も任命はありませんでした。

一番若いのはオセアニアのトンガのMafi司教で、53歳です。トンガから枢機卿が任命されるのも初めてのことです。そして今回の任命では、教皇庁(クリア)のメンバーは一名のみ。先日まで国務省に勤め、いわゆるバチカンの外務大臣的仕事をし、現在は使徒座署名院最高裁判所の長官を務めているMamberti大司教だけでした。

前回同様、教皇様はこれまで枢機卿を出していない国を優先し、伝統的に枢機卿座と言われている教区を選択されませんでした。発表直後にバチカンの広報から、14の異なる国が代表されているように、任命の一番の基準は「普遍性」であると発表がありました。教皇フランシスコにとって優先度の高い、周辺部に置かれている小さな教会共同体の声も反映されるようにとの配慮であるとのことです。

新しく任命される枢機卿様たちのために、そして教皇様のためにお祈りください。

|

« 年頭司牧書簡を掲載しました | トップページ | 教会の普遍性と現実の世界 »

ニュース」カテゴリの記事