« 復興支援全国大会と聖体奉仕会会員の集い | トップページ | 米沢福者殉教者、殉教祭@北山原 »

2015年7月 6日 (月)

YOUCAT堅信の秘跡が出版されました

Aa02
「若者に親しみやすい平易な文体で書かれたQ&A形式の教理解説書」と銘打って、YOUCATが出版されたのは2013年6月のこと。原書はドイツで作成され、各国語に翻訳出版されました。

名誉教皇ベネディクト16世は、YOUCATの前書きにこう記しています。

「『カトリック教会のカテキズム』が発行されて以来、ローマ、トロント、ケルン、シドニーでワールドユースデーが開催され、信じたいと望む若者、神を探し求める若者、キリストを愛する若者、旅の仲間を求める若者たちが世界中から集いました。このような状況の中、『カトリック教会のカテキズム』を若者のことばで言い換えてみてどうだろうか、という声が沸き起こりました。この貴重な財産を、いまの若者の世界に取り入れるべきではないでしょうか。・・・皆さんは自分が何を信じているのか、知らなくてはなりません」

当初、YOUCATの翻訳は日本の青年たちが中心になって、手分けをして進められたと聞いています。YOUCATのユニークなところは、世界中、どの言語の翻訳であっても、デザインから体裁まで、すべてが統一されて同じであること。写真などはそれぞれの地域の現実にあわせて多少は入れ替えられているものの、まったく同じ体裁で制作することが原著発行者からの条件であったと聞いています。

さてこの、とてもハンディなカテキズムの本に、このたび「YOUCAT堅信の秘跡」が加わりました。堅信の秘跡を準備するために用意された教理書です。今回もドイツで最初に制作され、まったく同じ体裁で翻訳することが義務づけられたと言うことです。100ページ少しの手頃な分量です。YOUCATと同じく、わかりやすく順番に堅信の秘跡を受けるための信仰の準備が出来る手引きです。是非ご活用ください。中央協から一冊900円プラス税金です。

Aa01
書籍と言えば、数日前に司教協議会から高山右近の列福審査のための最終文書が、各司教のところにも送られてきました。写真からサイズを想像していただけるかどうかわかりませんが、数百ページに及ぶ分厚い調査書類です。ほとんどの部分がイタリア語で書かれており、高山右近の人物史から始まって、殉教者として申請する事由や、その声望、さらには現代の日本の教会での顕彰のあり方などが詳しく記載されています。

右近の列福申請はすでに亡くなった直後にマニラ大司教区で始まっていますので、その頃の証言や、その後、管轄が日本の東京大司教区に移されているので、その後現代に至るまでの様々な証言も記載されています。

殉教者や証聖者を福者、聖人として認定するのは、こういった調査に基づいて聖座(バチカンの列聖省)が行い、様々な委員会を経て最終的に枢機卿会議で承認されて、教皇様が宣言されます。その最後の枢機卿会を前に、これまでの調査の集大成として、この写真の文書が制作されることになります。申請に関する調査の責任は列福や列聖を申請する教区または修道会にあります。また、その真偽を判断する責任は聖座の列聖省に有ります。従って、調査や審査の期間において、その間に第三者が介入することはありません。例えば、わたしが以前神言会の日本管区長を務めていた頃、神言会の最初の中国宣教師であるジョゼフ・フライナデメッツ師の列聖調査に関わりました。というのも病人治癒の奇跡が名古屋で発生したからです。この場合、調査の主体は修道会であって、それの内容に関して、例えば地元の名古屋教区が意見するようなことは出来ません。また聖座の列聖省にしても、これまでの何百年にもわたる調査の経験が豊富ですから、例えば、あり得ない話ですが、偉人伝をでっち上げて聖人にしてしまうようなことは、そうそう出来るものではありません。それくらいに厳しい審査を経て決定されるので、時間がとてつもなくかかるのです。

7月になってすでに数日が過ぎてしまいましたが、本日以降これから8月まで含めての、主な予定を記しておきます。

  • 7月7・8日 東京教会管区会議 (さいたま教区)
  • 7月11日 双葉学園理事会 (山形)
  • 7月12日 米沢殉教祭ミサ (米沢・北山原)
  • 7月13日 月曜会ミサ (新潟)
  • 7月14日 教区司祭静修ミサ (新潟)
  • 7月15日 HIV/AIDSデスク会議 (東京)
  • 7月21日~24日 カリタスアジア会議 (バンコク)
  • 7月26日 新潟平和旬間ミサ (新潟教会)
  • 7月31日 仙台教区サポート会議 (仙台)
  • 8月5・6日 広島教区平和行事 (広島)
  • 8月8日 新潟教区保育者研修会 (柏崎)
  • 8月11日 クララ会ミサ (高田)
  • 8月15日 聖母被昇天祭ミサ (新潟教会)
  • 8月22日~25日 アジア神学フォーラム (マニラ)
  • 8月31日 新潟教区顧問会 (新潟)

|

« 復興支援全国大会と聖体奉仕会会員の集い | トップページ | 米沢福者殉教者、殉教祭@北山原 »

司教の日記」カテゴリの記事