« 広島へ巡礼(続き)の写真 | トップページ | 聖クララの祝日@高田教会 »

2015年8月10日 (月)

新潟教区カトリック保育者研修会@柏崎

Hoikukenshu1504

今年で44回目となる新潟教区のカトリック保育者研修会が、8月8日土曜日に、柏崎のカトリック白百合幼稚園を会場に、約160名の参加者を得て開催されました。

新潟教区には、秋田県、山形県、新潟県にそれぞれ学校法人が設置され幼稚園を運営していますし、また社会福祉法人が保育園や児童養護施設などを運営しています。そういった、子どもたちの生命を育み健全に育成することを目指す諸施設で働く教職員の皆さんを対象に、毎年、カトリック施設としての理念をしっかりと共有する場として開催されてきました。

新潟県内にある私が理事長を務める聖母学園が、幼稚園を17園運営していて最大規模であることや、教区の行事なのでということもあり、以前は新潟市内のホテルで一泊二日で開催されていました。ところが、私が新潟の司教になって数年後にそのホテルが閉鎖になり(現在は新潟日報本社が建っているところです)、その後様々な検討を経て、宿泊を取り止めて一日研修会とすることや、新潟県内の地区持ち回りで行うことになりました。研修会の内容については、教職員による委員会を設けて検討をお願いしています。

というわけで、今年の研修会は柏崎。新しい園舎が建ったばかりです。といっても以前の園舎を知っている人には、何も建物に変化がないようにしか見えません。というのも取り壊し前の旧園舎とデザインがまったく同じ。異なっているのは全体のサイズが大きくなったことでしょう。

Hoikukenshu1502

今年の研修会のテーマは「キリスト教保育と子ども理解」とされ、午前中に星美学園短期大学の教授で幼児教育学を専攻されている田中直美シスター(サレジアンシスターズ・扶助者聖母会)を講師に迎え、お話と、手話ソングの実技を指導していただきました。扶助者聖母会はいわゆる「サレジアンシスターズ」ですから、ドン・ボスコの修道会です。そこでシスターのお話も、ドン・ボスコの教育理念を中心に、パワーポイントを使ってわかりやすい解説でした。

昼食後は二つのグループに分かれての研修。一つは、柏崎夢の森公園の遠藤さんをお招きしての、『自然との関わり・自然と生きる』のテーマで。もう一つは、柏崎市立教育センターの山田副所長による『子どもがわくわく感を抱く宇宙・地球のお話』。どちらも実際に手作業をしてみるプログラムで、参加者も楽しく時間を過ごしました。

Hoikukenshu1503

そして締めくくりはミサ。幼稚園と園庭を挟んで立つ柏崎カトリック教会の聖堂が、参加者でいっぱいになりました。私が司式させていただき、司祭園長たちが共同司式。聖体拝領の数を正式には数えていませんが、160名近い参加者の中で信徒の教職員は、それでも三分の一以上はいるように感じました。

教区の研修会とはいえ、地理的距離と公共交通機関の問題から、秋田県や山形県の教職員が参加するのは難しいものがあるところが残念です。今回は秋田県からの参加者はなく、山形県から3名が参加してくださいました。また普段は教区内に常設のカトリック書店などがないため(秋田教会のコーナーのみ常設)、カトリック関係書籍や絵本、そしてメダイやカードなどを大量に持参して、女子パウロ会の2名のシスターが出張販売をしてくださいました。感謝します。出張販売コーナーは大盛況でした。

|

« 広島へ巡礼(続き)の写真 | トップページ | 聖クララの祝日@高田教会 »

司教の日記」カテゴリの記事