« 巡礼へのお誘い@三件 | トップページ | クララ会で初誓願式、そして翌日は堅信式@高田 »

2015年10月11日 (日)

第19回新潟教区信徒大会@山形

Sagae1501
第19回目となる新潟教区信徒大会が、200名の参加を得て、山形県の寒河江市内で開催されました。10月10日と11日の二日間、「福音の喜び」をテーマに、真摯な分かち合いと交流の時を持ちました。教区で働く司祭団からも20名が参加。会場は、山形教会が幼稚園の改築工事中であったこともあり、以前にも何度か教区行事で利用させていただいた寒河江市内のホテルになりました。

新潟教区信徒大会は、3年ごとに開催されており、近年は新潟・山形・秋田三県の持ち回りで行っています。前回は2012年に新潟で、教区創立100周年のお祝いとして行われました。ですので次回は2018年に、秋田県内で開催される予定です。

Sagae1503
新潟教区信徒大会は、教区信徒使徒職協議会の総会としての意味合いもあり、司祭・修道者・信徒が一堂に会して、ともに学び祈り交流を深めるとともに、信徒使徒職協議会の総会も行われます。今回も。二日目の最後の派遣ミサが終了後、会場において信徒使徒職協議会の総会が行われ、その後解散となりました。

山形教会の千原神父様が中心となり、主に山形教会の信徒会の方々が細かいところまで配慮の行き届いた素晴らしい準備をしてくださいました。感謝します。

今回は、教皇フランシスコの「福音の喜び」をテーマにしましたので、まず最初にわたしが一時間ほど「福音の喜び」について解説の話をしました。これは、時間をみつけて作業が出来ればなのですが、近日中にパワーポイントとともに、原稿を書き起こして公開したいと思います。その後、奉献生活者、信徒、司祭がそれぞれの立場から10分ずつ分かち合い、さらに全員を15のグループに分けて、分かち合いを行いました。分かち合いの前には千原神父が分かち合いについてのしっかりとしたアドバイスとヒントを話してくださったので、スムースにグループでの分かち合いに入ることが出来たのではないかと思います。

Sagae1505
2時間近い分かち合いを経て、その後、夕食の交流会。交流会中にはステージでいろんな方が歌を歌ってくれましたが、いつものように、そして山形地区でもあるので、新庄教会のフィリピン出身信徒の方々のダンスもありました。そういえば、わたしの話の後での信徒の分かち合いは新庄教会のフィリピン出身信徒の方で、日本での暮らしや教会での活動の困難さと新たな発見について話してくれました。

Sagae1504
そして二日目は朝の祈りに続いて全体での分かち合い。そして主日のミサでもある派遣のミサを捧げ、最後に信徒使徒職協議会の総会で、お昼に締めくくりとなりました。説教は後日公開します。

参加してくださった皆様、ご苦労様でした。全体で七千人弱の信徒が新潟教区にはいることになっているので、その約30分の1が今回は寒河江に集まったことになります。ここで学んだことを是非小教区に持ち帰り、皆さんに分かち合ってくださいますように。

|

« 巡礼へのお誘い@三件 | トップページ | クララ会で初誓願式、そして翌日は堅信式@高田 »

司教の日記」カテゴリの記事