« 王であるキリスト@新潟教会 | トップページ | まもなく、いつくしみの特別聖年が始まります。 »

2015年11月24日 (火)

フベルト神父様、叙階金祝@高田、直江津

Hubert1506
11月23日の勤労感謝の日、新潟県上越市の高田教会で、午前10時から、主任司祭のフランシスコ会員フベルト・ネルスカンプ神父(Hubert Nelskamp, OFM)の、司祭叙階50周年(金祝)感謝のミサが行われ、司式と説教をわたしがさせていただきました。フベルト神父様は、高田教会の主任だけではなく、現在は直江津教会と妙高教会の主任司祭も兼任していただいています。さらに新潟教区内では長岡地区の地区長と、司教顧問の重責も担っていただいて、教区の運営にも力を貸していただいております。

Hubert5001
昨日の感謝ミサには、前の主任であったマリオ・カンドゥッチ神父や隣の富山から(名古屋教区)同じフランシスコ会のお二人の神父様とブラザーも参加され、さらに教区の近隣小教区の司祭も加わり、11名の司祭の共同司式ミサとなりました。高田教会協力司祭の高藪神父も参加されました。フベルト神父様がこの感謝ミサでお召しになっていた祭服は、50年前にドイツで叙階したときに贈られたもので、祭壇で使われたカリスも、同じく司祭叙階記念に50年前に制作されたものだそうです。

元々イタリア人フランシスコ会員の担当地区で会った長岡地区ですが、現在は長岡に神言会員、十日町に教区司祭が入り、またフベルト神父ご自身もドイツ出身で、以前は長く大阪方面で働いておられました。金祝を祝ったとはいえ長岡地区のフラシスコ会員の中では、まだまだ元気な「若手」でもありますから、これからも神父様の活躍に期待しているところです。

Hubert5004
あまり大げさなお祝いはちょっと、という神父様のご意向で、今回の金祝は地区内の教会への案内のみとなりましたが、教区全体に呼びかけたら、たぶん高田教会に入りきれないほどの人が集まったことと思います。地区内のそれぞれの教会から集まった代表の信徒だけでも、聖堂はかなりいっぱいでした。ミサの終了後には、いつものように聖堂の一番後ろの二階にカメラを据えて、全体で記念撮影。上を向いてニッコリし続けるのは結構しんどいものです。

Hubert5009
ミサ終了後、会場を同じ上越市内ですが港に近い直江津に移し、直江津駅前のホテルで祝賀会。直江津教会には隣接して保育園があり、フベルト神父はこの園長も長く務められましたが、その卒園生が町にはかなりおられるとのこと。祝賀会を催したホテルにも、おられる様子でした。

祝賀会では、高田、直江津、妙高の信徒の方による歌や踊り。そしてフィリピン出身の信徒の方による歌とダンス。最後には信徒代表から神父様へ記念品の贈呈が。記念品は、今でも時間を見つけて山登りに出かけるスポーツマンの神父様のことを考えて、自転車と言うことでした。

フベルト神父様、おめでとうございます。これからもお元気で、司牧・宣教に励まれますことを期待するとともに、神様の祝福をお祈りいたします。

|

« 王であるキリスト@新潟教会 | トップページ | まもなく、いつくしみの特別聖年が始まります。 »

司教の日記」カテゴリの記事