« 宮古から久慈へ@岩手県 | トップページ | 聖地巡礼参加者募集、まもなく閉めきり。 »

2016年9月20日 (火)

白浜司教様叙階式@広島

Shirahama1601
広島教区の新しい教区司教として任命されたアレキシオ白浜満師の司教叙階式が、昨日、9月19日午後1時半から、広島カテドラル世界平和記念聖堂で行われました。前任の前田司教が大阪大司教に転任されてからほぼ2年。広島教区司教座の空位が終わりました。台風が接近しあいにくの雨模様でしたが、あの巨大な広島の聖堂に入りきれないほどたくさんの方がお祝いに駆けつけられました。(上の写真は沖縄の押川司教撮影)

日本の司教団も、マザーテレサの列聖祝賀ミサの予定が事前に入っていた岡田大司教を除いて全員が集まり、広島と姉妹教区である韓国の釜山からも補佐司教が。また白浜新司教が所属するサンスルピス司祭会からもカナダの管区長をはじめ関係者が参列されました。

Shirahama1602
司式は前任の前田大司教。横につく二人の司教は、司教協議会会長の高見大司教と、神学院常任司教委員会委員長の大塚司教。説教は前田大司教が、いつものように俳句を披露しながら。(上の写真は挨拶する高見大司教)

さすがに神学院で長く養成に関わっておられたこともあり、しかも現職の院長ですから、全国から多くの司祭が集まりました。100名をこす司祭団であったと思います。また聖堂内に入りきれず、外に設置されたテントや信徒会館でモニターによる参加をされた方も含めて、二千人近い参加があったようです。白浜司教の故郷である長崎教区からも、バスで代表団が駆けつけた模様です。

白浜司教は典礼学が専門ですから、さすがによく準備された典礼でした。また前日から青年たちの集まりがあり、白浜司教自身もすでに参加されたようですが、叙階式の終わりに信徒代表として歓迎の挨拶を述べたのは、三人の青年たちでした。

新司教のモットーは「福音のためならどんなことでも」です。教会での司牧の経験がない自分がどうして司教に選ばれたのか、今もって分からないとしつつも、しかし任命を告げられたときは、神の召し出しに全幅の信頼を持って「はい」と応えたと言います。まさしく、「福音のためならどんなことでも」をそのままに生きておられます。

また新司教はまだ54歳ですから、現時点で日本の司教団の最年少司教となります。私は本日9月20日で司教叙階12年になりましたが、昨日までの12年間の最年少司教を、これでやっと終わりにし、その座を白浜司教に譲ることが出来ました。

白浜司教様、本当におめでとうございます。

|

« 宮古から久慈へ@岩手県 | トップページ | 聖地巡礼参加者募集、まもなく閉めきり。 »

司教の日記」カテゴリの記事