« キルギスの首都ビシュケクへ | トップページ | 十日町教会で洗礼式 »

2016年10月29日 (土)

新潟地区信仰養成講座

Laudatosi1601
この数年、この時期になると、新潟地区の信徒の方々を主な対象に、連続でお話をさせていただいています。新潟地区の主催行事として、「新潟地区信仰養成講座」というタイトルで、連続講座を開いています。スケジュールの都合で、毎年二回のみですが、市内の信徒の方々に、多数参加いただいています。

もちろん二回程度のお話で、しかも一度が一時間強ですから、その程度で信仰が養成できるなどと甘いことを考えているわけではありませんが、普段、それぞれの小教区で行われている様々な講座を補完する意味で、一年に二回くらいは、司教がお話をする機会を持つこと自体には意味があろうと、信じています。

今年のテーマは、もちろん先日日本語訳が出版されたばかりの「ラウダート・シ」について。ちょっと大げさに聞こえるかもしれませんが、「『ラウダート・シ』に学ぶキリスト者の生きる道」と題して、今日の土曜日と、来週の土曜日(11月5日)に、午後1時半から3時までの予定で、新潟教会のセンター二階を会場に、お話をいたします。来週も、もう一度ありますから、どうぞご参加ください。

Laudatosi1602

今回のお話の肝は、「ラウダート・シ」は単に環境問題について警告を発している文書なのではなく、キリスト者が、ひいては人間が、どのように生きるのがふさわしいのかを説いている文書である、という点です。確かに環境問題の様々な課題を教皇様は取り上げていますが、同時にどういった課題を、技術で解決するのでは足りないとも言います。

冒頭部分にこう記されています。

「罪によって傷ついたわたしたちの心に潜む暴力は、土壌や水や大気、そしてあらゆる種類の生き物に見て取れる病的徴候にも映し出されています。(2)」

つまり環境の破壊は、わたしたち人類がしばしば神を裏切り続けてきたことによって心に蓄積し続ける暴力が、そのまま反映している現実であると指摘するのです。従って、小手先のテクノロジーに頼って解決を図っても、本当の解決は得られない。環境問題は、究極的には、人類の回心なしには成し遂げられないのです。

加えて、環境問題は、結局は平和問題でもあると指摘します。すなわち、わたしたちが考える平和は、例えば聖ヨハネ23世教皇の、『地上の平和』の冒頭にこう記されています。

「すべての時代にわたり人々が絶え間なく切望してきた地上の平和は、神の定めた秩序が全面的に尊重されなければ、達成されることも保障されることもありません」(「ヨハネ23世地上の平和1)

神は無秩序にこの世界を創造されたのではなく、ご自身のよしとされる秩序に基づいて、その秩序を持って世界を創造されています。その秩序が保たれている状態が平和です。戦争や殺人や対立など生命の尊重をないがしろにする行動は、当然この神の秩序を乱しているので、平和を乱しているのです。同じように、被造物を混乱に陥れる環境の乱れも、同じように平和を乱しているのです。それぞれの人ができる限りで、個々の課題に取り組むことは大切ですが、同時に教会共同体は、世界の平和を乱している、つまり神の秩序への挑戦である様々な課題に広く取り組まなくてはならない。教会がシングルイシューにのみ固執することは出来ない。だから環境問題にも取り組むのだと指摘されています。

後半は、核心部分である「人はどう生きるのか」に入り込んでいきます。それはまた来週に。明日は十日町教会で主日ミサです。

|

« キルギスの首都ビシュケクへ | トップページ | 十日町教会で洗礼式 »

司教の日記」カテゴリの記事