« 聖地巡礼のお知らせなど | トップページ | いのちへのまなざし »

2017年7月16日 (日)

外国人技能実習生について学ぶ@新潟教会

Nasu170701
先週は木曜日と金曜日、栃木県の那須にあるベタニア修道女会の聖ヨゼフ山の家に出かけ、社会福祉法人慈生会の研修会でお話をさせていただきました。

ベタニア修道女会は、1937年に、パリ外国宣教会の宣教師ヨゼフ・フロジャック神父によって、まずは東京教区立として創立された修道会です。その霊性は、修道会のホームページにはこう記されています。

「会の霊性は、フロジャク神父の遺訓である「自ら貧しいものになる」生き方に現れています。そしてそれは、二つの源泉から汲み取ることができます。一つはベタニアの名に示された霊性、もう一つは修道会の保護の聖人とされた聖ベルナデッタの生き方です。」

Nasu170703
また、「『ベタニア』はヘブライ語で……神の前に身をかがめ……『神により頼む貧しい者の家』という意味があります。『ベタニア』はイエスの親しい友、ラザロと、マルタと、マリアの家がある村です。イエスが、エルザレムに向かう時、また帰りにも、好んで立ち寄り、憩われ、疲れを癒されたところです」とも記されています。

フロジャック師はさまざまな社会福祉事業に取り組まれベタニア修道女会がその活動の中心になり、その流れの中で創立されたのが社会福祉法人慈生会。現在は数々の事業を東京を中心に行っていますが、例えば、清瀬には児童養護施設、病院や高齢者施設、中野には乳児院や高齢者施設、そして栃木県の那須にはかつてフロジャック師が手に入れた広大な敷地の中に、障害者支援施設「マ・メゾン光星(以前の公聖学園)があります。

Nasu170702
今回は、その那須にあるベタニア修道女会の聖ヨゼフ山の家を会場に、各施設の責任者と副責任者、法人の理事や評議員の方を対象に、二日間お話をさせていただきました。

そして、昨日の土曜日、7月15日は、新潟教会を会場にして、日本カトリック難民移住移動者委員会が、東京教会管区セミナーを開催してくださいました。日本カトリック難民移住移動者委員会は、カトリック司教協議会の委員会で、カリタスジャパンなどと同じく、社会司教委員会を構成する委員会です。現在は名古屋の松浦司教が責任者です。

Jcarm1701
それぞれの教会管区で毎年セミナーを開催されており、今年のテーマは「外国人技能実習生」。東京教会管区セミナーということで、札幌教区、仙台教区、東京教区、横浜教区からも参加者があり、新潟教区からの参加者も含めて30名を超える方々が集まってくださいました。

『移住者と連帯する全国ネットワーク』の鳥井一平さんに、詳しくお話を伺い、その後各教区の取り組みを分かち合って、最後は私が御言葉の祭儀の祈りを持って、午後1時から5時までの研修会を終わりといたしました。

Jcarm1702
研修生という言葉は以前からよく聞きますが、この数年で制度が大きく変わり、現在は『技能実習生』。様々な職種での技能を研修するために来日していますが、実態はその名目とは関係のない労働であったり、手取り賃金が非常に低くなっ至り。中には、実習生の人間としての尊厳に関わるような事例があったり、客観的に見れば人身売買と非難されてしまうような事例も見受けられるなど、制度自体の問題が指摘されています。外国からの移民は受け入れないとか、単純労働者は受け入れないなど、世論の動向に反応しながら日本政府はこういった制度を定めていますが、しかし同時に、様々な分野で労働者は不足しており、加えてオリンピック・パラリンピックを控えて、今後も建築現場などで労働力の不足が見込まれる中、様々な衣をかぶって、結局は単純労働者の短期使い捨てにつながる制度でもあると思います。労働力をどうするかの議論ではなく、人間としての尊厳を持った労働者に対する政策をしっかりと議論する必要があるとの指摘が、お話の中でありました。

受け入れ側と送り出し側双方で解決しなければならない問題があるのは、30年以上前のエンタテイナーの問題と同様です。教会は、一人一人が神から生命を与えられた尊厳ある存在であることを大前提に、虐げられたり軽んじられたり排除されたりしてもよい存在はひとつもないのだということを、これからも強調していきたいと思います。一人一人を大切にする神の手が、困難に直面する人に直接差し伸べられるように、その神の手となって取り組みたいと思います。

Jcarm1703
なお日本カトリック難民移住移動者委員会では、『技能実習制度Q&A』のタイトルで、非常にわかりやすいパンフレットを作成しています。(写真)これは英語やベトナム語など、多言語で用意されています。是非ご活用ください。お問い合わせは、各教区の滞日外国人司牧の窓口や、東京のカトリック中央協議会の難民移住移動者委員会事務局まで。

|

« 聖地巡礼のお知らせなど | トップページ | いのちへのまなざし »

司教の日記」カテゴリの記事