« 出版のお知らせ@カトリック中央協議会 | トップページ | 「移民と難民に、受け入れ、保護、支援、統合を」@教皇フランシスコ »

2017年9月 1日 (金)

被造物を大切にする世界祈願日(まもなく)

Popefrancis1502s
教皇フランシスコは、回勅「ラウダート・シ」を発表されたことで、教会がエコロジーの課題に真摯に取り組むことの大切さを強調されました。その啓発と霊的深化のため、毎年9月1日を「World Day of prayer for the Care of Creation」と定められました。日本の教会はこの祈願日の名称を、「被造物を大切にする世界祈願日」と翻訳し、9月1日は平日にあたることも多いことから、その直後、9月の第一日曜日をその祈願日として定めました。今年は、明後日、9月3日が、日本における祈願日となります。

教皇様のエコロジーへの配慮とは、単に気候変動に対処しようとか温暖化を食い止めようとかいう課題にとどまってはいません。「ラウダート・シ」の副題として示されているように、課題は「ともに暮らす家を大切に」することであり、究極的には、「この世界でわたしたちは何のために生きるのか、わたしたちはなぜここにいるのか、わたしたちの働きとあらゆる取り組みの目標はいかなるものか、わたしたちは地球から何を望まれているのか、といった問い」(160)に真摯に向き合うことを求めています。

そのために必要な課題を、教皇様はこう指摘されています。

「あらゆるものは密接に関係し合っており、今日の諸問題は、地球規模の危機のあらゆる側面を考慮することの出来る展望を求めています。それゆえここで、こうした危機の人間的側面と社会的側面を明確に取り上げる総合的なエコロジーの、様々な要素を考察していきましょう。」(137)

共通の家で発生しているすべての課題が教会(そして全人類)の取り組みの対象なのであって、総合的に考察することの重要性を回勅は強調しています。

そう考えるとき、総合的エコロジーへの取り組みとは、すなわち、神の平和を確立する取り組みでもあると言い換えることができます。教皇ヨハネ23世の『地上の平和』は、次のように始まります。

「すべての時代にわたり人々が絶え間なく切望してきた地上の平和は、神の定めた秩序が全面的に尊重されなければ、達成されることも保障されることもありません」(「ヨハネ23世地上の平和1)

すなわち、平和とは単に戦争や紛争や武力対立がない状態なのではなく、神が望まれる秩序がまもられ確立されている状態を指すのであって、そうであればこそ、被造物への暴力的姿勢、また環境破壊の問題も、究極的には「平和」の問題であると考えられます。

総合的な被造物の問題を取り扱うことが平和の確立への道である。そうであるからこそ、教皇様は先頃、「総合的人間開発促進の部署(仮訳)」を聖座に設立されました。これまで別々に課題に取り組んでいた、正義と平和、難民移住移動者、開発援助促進、保健従事者の各評議会を発展吸収してできあがった部署です。神の秩序の確立を妨げるあらゆる被造界の課題に対処しようという教皇様の姿勢の表れであって、これまで存在していた評議会が無用になって解散になったわけではありません。総合的視点から、そういった問題すべてを包括して、さらなる取り組みの強化の姿勢を明確にしているのです。

昨今、日本においても気候変動の影響を直接に感じるようになりました。そういった現実を前にしたとき、私たちはどういう姿勢で生きていけばよいのでしょう。回勅にはこういう指摘があります。

「自己満足と呑気な無責任さを助長する、見せかけの、表面的なエコロジーが広がりつつあることが指摘できます。往々にして勇気ある決断が必要とされる深刻な危機の時代にそれは生じ、起きていることがまだ明確ではないとの考えに流されています。汚染や悪化のいくつかの徴候は別として、表面的に見るならば事態はそれほど深刻に見えませんし、地球は当分今のままあり続けるのかもしれません。」(59)

「そうした言い逃れは、現今のライフスタイルと、生産および消費のモデルとを保つためのものです。見ないでおこう、認めないでおこう、重要な決断を先延ばしにしよう。なかったことにしよう。これが、自己破壊的な悪徳を勢いづかせるために人間がとる方策です。」(59)

教皇様は『ライフスタイルの改革』と『エコロジカルな回心』を呼びかけられています。世界祈願日にあたり、あらためて、私たちは何のためにこの共通の家にいのちを与えられているのか、神から託された使命は何であるのか、すべてを創造された神に対する責任は何であるのか、祈りのうちに考えてみたいと思います。

 

|

« 出版のお知らせ@カトリック中央協議会 | トップページ | 「移民と難民に、受け入れ、保護、支援、統合を」@教皇フランシスコ »

司教の日記」カテゴリの記事