« カリタスジャパン「排除ZEROキャンペーン」実施中 | トップページ | 高田教会で堅信式@上越市 »

2017年10月 9日 (月)

本荘教会堅信式@由利本荘市

Honjo171001
昨日、10月8日の日曜日は、秋田県の由利本荘市にある本荘カトリック教会で、堅信式を行いました。(上の写真。市街地の左後方は鳥海山。教会は右下の一群の緑色の屋根)

Honjo171005
本荘教会は秋田県南部にあり、主任司祭は桃田清明師(神言会員。上の写真中央)。教会に隣接する本荘カトリックこども園の園長も兼任されています。堅信を受けられたのはお二人で、そのうちのお一人は、お隣の秋田市にある土崎カトリック教会の信徒の方でした。

Honjo171002
本荘教会は、秋田県内の他の教会と同様に小さな共同体です。日曜日のミサには20名ほどの方が参加されると伺いました。地域の人口そのものが減少する中で、これからも地域における福音の小さいけれど確かな光として輝き続けて下さることを期待しています。

説教の中でも少しお話しいたしましたが、先日の福音宣教省長官来日にあたっての教皇様の司教団へのメッセージに、次の様に記されていました。

『日本の教会には、イエスから託された使命の選択を絶えず新たにし、そしてさらに「地の塩」「世の光」であることが緊急に必要なことなのです。殉教者たちの教会、証聖者たちの教会であったという皆さんの教会がもつ福音宣教の真の力は、守り、かつ発展させるべき偉大な宝です』(メッセージ全文はこちらのリンクから)

厳しい現実の中に存在する小さな共同体ですが、小さいけれど世の光となり、小粒ではあるけれど地の塩となることで、福音をあかししていくことは可能です。そしてわたしたちの教会には、長年にわたって受け継いできた殉教者の信仰における心意気があります。殉教者たちの模範を心に留め、その心意気に倣い、それぞれが生きる場で、福音をあかしする存在となっていきましょう。

Honjo171007
ところで今年のノーベル平和賞受賞者の発表がありましたが、核兵器廃絶のために国際的なキャンペーンを行っているNGO、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)にその栄誉が与えられることになりました。心から賛辞を送りたいと思います。核兵器廃絶には様々な道が存在するのだと思います。日本政府を始め、いわゆる核保有国は、先般署名式が国連の場で行われた核兵器禁止条約を通じて廃絶を目指す道とは異なる道を選択されています。その道は様々あれど、同じゴールを目指しているはずです。そのゴールを忘れることなく、いつの日か、この夢物語が現実となる様に、不断の努力を続けていかなくてはならないでしょう。

教会は、長年にわたって核兵器廃絶を訴えてきました。教皇ヨハネ23世の表した「地上の平和」に始まって、今に至るまで、繰り返しの呼びかけを行っています。先日5月の司教の日記にそのことを記していますので、こちらのリンクをご覧下さい

また聖座(バチカン)は、9月21日に国連の場で、ギャラガー大司教が核兵器禁止条約に署名し、その核兵器廃絶への態度を明確にしています。以下は、平和賞受賞のニュースを受けて、カリタスアジアの責任者として書いたお祝いのひと言です。

今年のノーベル平和賞が、核兵器廃絶国際キャンペーンに与えられることが発表されました。心からお祝い申し上げます。今回の受賞は、その方法、道のり、また政治信条が異なっていても、核兵器を廃絶しようとする多くの人々の努力を後押ししてくれることでしょう。 また今回の受賞は、核兵器禁止条約の署名批准を各国政府に促そうとする世界的な動きに、大きな力を与えるに違いありません。核兵器を保有するいくつかの国と、唯一の被爆国が、この署名批准にイニシアティブを発揮していないことは残念です。聖座(バチカン)はこの9月21日に同条約に署名することで、核兵器廃絶と永続的な平和の確立への強い取り組みの姿勢を明確にしています。このICANに対するノーベル平和賞の授与が、夢を現実へと変えてくれることを、心から願います。

|

« カリタスジャパン「排除ZEROキャンペーン」実施中 | トップページ | 高田教会で堅信式@上越市 »

司教の日記」カテゴリの記事