« 本荘教会堅信式@由利本荘市 | トップページ | カリタスアジアの会議でバンコクへ »

2017年10月15日 (日)

高田教会で堅信式@上越市

Takada1701
本日の日曜日は、新潟県の上越市にある高田教会で、堅信式でした。7名の方が堅信の秘跡を受けられましたが、そのうちのおひとりは今日のミサの中で、まず洗礼の秘跡も受けられました。皆さん、おめでとうございます。

上越市には高田教会以外にも直江津教会があります。また近隣には、巡回となっていますが妙高教会、そしてさらに富山との県境に糸魚川教会があります。これに柏崎教会をあわせて5カ所の教会を、フランシスコ会の会員が司牧を担当してくださっています。 

以前はすべての教会に司祭が常駐していました。高田教会は、今現在でもそうなのですが、フランシスコ会の高田修道院としての役割も果たしています。 

ところが近年、海外から来られていた宣教師会員の高齢化と引退が進み、いまでは、残っている宣教師の会員は柏崎教会のバッシ神父さまのみ。それ以外の教会は、すべて、伊能神父が主任で、南雲神父が協力司祭。それ以外にはお二人のブラザーが共住されています。 

今日は伊能師が所用で不在。南雲師が、健康を回復され高田に復帰され、一緒にミサを捧げました。南雲神父さまとは、神学院などで典礼を教えておられ、司教団の典礼委員会の重要なメンバーでもあります。 

ミサ後には受堅者と一緒に祝賀会。以前は受堅者と家族だけの祝賀会でしたが、今回は信徒の方も残れる方は皆で参加する祝賀会。途中で会場を広げなくてはならなくなるほど、大勢の方が参加してくださいました。 

司祭が高齢化が進み、今やこの地域でも主任司祭の兼任もあり、時として集会祭儀を行うことも増えてきました。確かにこのことを悲観的に捉えることもできるでしょうが、わたしは、良い機会として生かしていただきたいと、願っています。司祭が切り盛りする教会に、客としてやってくる様な構図ではなく、司祭と一緒に信徒が様々な責任を担っていくことにより、教会共同体はさらに成長していきます。それを通じて、教会共同体に対する一人一人の責任感と、福音宣教への積極的な意識も、育てることができる、そういう機会になるのではないかと思うのです。みんなで一緒に、教会を生かしていきましょう。優しさといつくしみにあふれる場にしていきましょう。交わりの魅力を発信する場としていきましょう。

|

« 本荘教会堅信式@由利本荘市 | トップページ | カリタスアジアの会議でバンコクへ »

司教の日記」カテゴリの記事