« 2017年10月 | トップページ

2017年11月21日 (火)

新潟司教として最後の司牧訪問@新庄教会

Shinjo1701
11月19日の日曜日、山形県の北部にある新庄教会を司牧訪問し、主日ミサを捧げてきました。

わたしは、まもなく12月16日から新潟司教ではなくなるわけですが、その新潟司教としてこれまで13年間、秋田県、山形県、新潟県内にある30を越える教会共同体を、「公式訪問(司牧訪問)」という名称で訪れてきました。ときにはそういう機会に堅信式も行われたりしましたが、基本的には教区の中のそれぞれの教会共同体の方々とともに祈り、ひとときを過ごし、少しでも現実を理解するためにと、これまで続けてきました。

その、新潟司教としての最後の「公式訪問(司牧訪問)」が、この日の新庄教会です。最後の訪問としてわざわざ予定されたのではなく、たまたまですが、もともとの年間予定の中で、この日に新庄を訪れることになっていたのです。しかしそれはある意味わたしにとって、非常に象徴的な共同体を最後に訪問することになりました。新庄教会は、わたしにとって、新潟教区内の大切な教会共同体の中でも、とりわけ大切な教会共同体の一つだからです。

この教会が誕生した経緯は、こちらの以前の「司教の日記」をご覧下さい。リンクです

Shinjo1704
2010年に、この地域で暮らすフィリピン出身の信徒の方々と(多くがこの地域で結婚している人たち)、以前からおられた日本人の信徒の方々が一緒になり、教区内外の多くの方の支援で誕生しました。わたしの記憶が正しければ、その頃、90名近い共同体の信徒の中で、日本人信徒は3名だけだったと思います。

教会ができた当初から、主にフィリピン人のお母さんたちの共同体でしたが、一つだけ要求をしました。それは日本にある教会なのだから、基本的に日本語でミサをするように。ときに外から司祭を招いてそれぞれの言葉でミサや黙想会があっても良いけれど、日曜日のミサは基本的に日本語でと、それだけを要求しました。彼らの子どもたちやご主人たち、そして地域の人たちへと教会の輪を広げるためには、日本語で教会を造ることが不可欠だと思うからです。

Shinjo1702
ですからこの日のわたしのミサも、日本語でした。ミサの最後に、皆さんのメッセージと花束をいただいたので、そのお礼の言葉だけは英語で話しましたけれど。

前日の土曜の晩に、いつものように何人か集まって、一緒に夕食会になりました。この楽しい夕食会は、ときに近隣の住民も巻き込んで、いつも明るい笑い声が絶えない新庄教会のシンボルになっていると思います。

これからも、地域に根ざした共同体を、この地で育て上げ、地域の人たちにも、その笑顔の源であるイエスとの出会いを広げていって下さることを、新庄教会の皆さんには期待しています。

Shinjo1703
なお、これで公式訪問は終わりですが、次の日曜日、11月16日の王であるキリストの主日は、例年通り、新潟教会でミサを捧げます。

山形はこの日大雪が降り始めていました。新潟の帰り道、小国のあたりの峠道は、すでに除雪車が大活躍していました。わたしの車も直前に、冬タイヤに変えておいて助かりました。

|

2017年11月15日 (水)

聖地巡礼を終えました

Pilg1705
聖地巡礼から,先週の土曜日、11月11日夜に帰国しました。以前から予定されていた巡礼だったとはいえ、このたび東京への任命をいただき,新しい場へ移る前に、霊的な準備をする機会をいただきました。(写真上、オリーブ山からエルサレム旧市街を望む)

わたしと添乗員を含めて16名の巡礼団でしたが、結構平均年齢は高かったと思います。聖地巡礼は,エルサレム旧市街など思いの外歩かなくてはならないのですが、皆さん元気に健脚を披露してくださいました。また今年司祭叙階銀祝を迎えた鶴岡教会の伴八郎神父も,同行してくれました。

また数年前に比べて,政治や治安状況が安定しているためか、観光客や巡礼者が戻ってきているようで、どこに行っても駐車場に入りきれないほどのバスが列をなし、重要な巡礼地では長時間列に並ぶこともありました。

それでも今回初めて,ガイドの方に無線のイヤホーンガイドを使ってもらったのですが,これがガイド以外にも役に立ちました。まずは旧市街での十字架の道行き。人混みの中で,大声で祈るわけにも行きませんので、イヤホーンガイドを使って一緒に祈ることができました。そして長蛇の列になった聖誕教会。待っている間に,皆で一緒に小さな声でロザリオを唱えることができ、長い待ち時間も祈りのうちに過ごすことができました。(写真下、エインカレムの洗礼者聖ヨハネ誕生教会小聖堂でのミサ)

Pilg1701
今回の巡礼は、まずガリラヤ湖畔から始まり、ティベリアに三泊しながら,イエス様が弟子たちと過ごした地を訪れました。その後、国境を越えてヨルダンへ行き、モーセの終焉の地であるネボ山で約束の地を望みながらミサを捧げ、世界遺産でもあるペトラの遺跡も訪ねました。(写真下、ヨルダンのペトラ遺跡)

Pilg1703
その後、ネボ山近くのヨルダン側の死海湖畔で、死海遊泳。再び国境をわたり、エリコからベトレヘム、そしてエルサレムと進みました。(写真下、ベトレヘム郊外の羊飼いの野の教会で,伴神父と)

Pilg1706
巡礼の地はどこでも感動しますが、わたしにとって今回は、とくにモーゼが約束の地を望みながら入ることができないと神から告げられたネボ山が印象深くありました。人間の望み通りにはならない。神の計画が成し遂げられることを,心に刻み込まれました。

参加してくださった方、お祈りくださった方、ありがとうございます。

|

2017年11月 5日 (日)

聖地巡礼中です

今週は,かねてより予定されていた聖地巡礼中です。参加者全員元気で、日曜の朝を迎えました。今日は、カナで主日ミサの予定です。写真は今朝のガリラヤ湖の朝日。

Galilee1701

|

2017年11月 4日 (土)

東京の着座式について

先日教皇様からいただいた東京教区大司教の任命ですが、任命されますと2ヶ月以内に,その新しい司教座に「着座」をしなければならないと定められています。

わたしは東京教区司教座に,正式に着座をするまでは,新潟教区の教区司教です。

その着座式は、12月16日土曜日の午前11時から、東京教区のカテドラルである関口教会で行われることになりました。お時間がありましたら,ご出席くださり、一緒にお祈りください。

また、新潟教区の教区司教を離れるに当たり、新潟教区では離任ミサをしてくださることになりました。それは着座式の一週間前、12月9日土曜日の午後1時から、新潟教会で行われます。こちらも参加していただけると幸いですが、ただ東京とは異なり新潟教会の聖堂は300人ほどしか収容できませんので、そのことはご承知おきください。

新潟教区の司教座は、12月16日から「空位」(教区司教が任命されていない状態)となります。しかし教区は生きていますから、教区管理者が任命されます。それについては、空位期間が始まってから、発表となります。

なお、東京教区の皆さんにあっては、わたしが着座後即座に、ばりばりと東京で働くことをご期待いただくのやもしれませんが、もうしわけない。

なにぶん年末から来年1月末までは,すでに数年前からお約束した事などが山積みで、それを順番に行っていかなくてはならず、そのため東京への引っ越しも着座式以降になろうかと思います。もちろん着座式前に,少しずつ東京に住むことができるようにはいたします。ですから何月何日をもって,きれいに新潟を去り,東京へ移りました、とはならないことをも,ご承知おきください。

どうぞみなさまのお祈りによるお支えを,心よりお願いいたします。

|

« 2017年10月 | トップページ