« 聖地巡礼を終えました | トップページ | 長崎は、雨で寒かった@宗教改革500年 »

2017年11月21日 (火)

新潟司教として最後の司牧訪問@新庄教会

Shinjo1701
11月19日の日曜日、山形県の北部にある新庄教会を司牧訪問し、主日ミサを捧げてきました。

わたしは、まもなく12月16日から新潟司教ではなくなるわけですが、その新潟司教としてこれまで13年間、秋田県、山形県、新潟県内にある30を越える教会共同体を、「公式訪問(司牧訪問)」という名称で訪れてきました。ときにはそういう機会に堅信式も行われたりしましたが、基本的には教区の中のそれぞれの教会共同体の方々とともに祈り、ひとときを過ごし、少しでも現実を理解するためにと、これまで続けてきました。

その、新潟司教としての最後の「公式訪問(司牧訪問)」が、この日の新庄教会です。最後の訪問としてわざわざ予定されたのではなく、たまたまですが、もともとの年間予定の中で、この日に新庄を訪れることになっていたのです。しかしそれはある意味わたしにとって、非常に象徴的な共同体を最後に訪問することになりました。新庄教会は、わたしにとって、新潟教区内の大切な教会共同体の中でも、とりわけ大切な教会共同体の一つだからです。

この教会が誕生した経緯は、こちらの以前の「司教の日記」をご覧下さい。リンクです

Shinjo1704
2010年に、この地域で暮らすフィリピン出身の信徒の方々と(多くがこの地域で結婚している人たち)、以前からおられた日本人の信徒の方々が一緒になり、教区内外の多くの方の支援で誕生しました。わたしの記憶が正しければ、その頃、90名近い共同体の信徒の中で、日本人信徒は3名だけだったと思います。

教会ができた当初から、主にフィリピン人のお母さんたちの共同体でしたが、一つだけ要求をしました。それは日本にある教会なのだから、基本的に日本語でミサをするように。ときに外から司祭を招いてそれぞれの言葉でミサや黙想会があっても良いけれど、日曜日のミサは基本的に日本語でと、それだけを要求しました。彼らの子どもたちやご主人たち、そして地域の人たちへと教会の輪を広げるためには、日本語で教会を造ることが不可欠だと思うからです。

Shinjo1702
ですからこの日のわたしのミサも、日本語でした。ミサの最後に、皆さんのメッセージと花束をいただいたので、そのお礼の言葉だけは英語で話しましたけれど。

前日の土曜の晩に、いつものように何人か集まって、一緒に夕食会になりました。この楽しい夕食会は、ときに近隣の住民も巻き込んで、いつも明るい笑い声が絶えない新庄教会のシンボルになっていると思います。

これからも、地域に根ざした共同体を、この地で育て上げ、地域の人たちにも、その笑顔の源であるイエスとの出会いを広げていって下さることを、新庄教会の皆さんには期待しています。

Shinjo1703
なお、これで公式訪問は終わりですが、次の日曜日、11月16日の王であるキリストの主日は、例年通り、新潟教会でミサを捧げます。

山形はこの日大雪が降り始めていました。新潟の帰り道、小国のあたりの峠道は、すでに除雪車が大活躍していました。わたしの車も直前に、冬タイヤに変えておいて助かりました。

|

« 聖地巡礼を終えました | トップページ | 長崎は、雨で寒かった@宗教改革500年 »

司教の日記」カテゴリの記事