« 2018年9月 | トップページ

2018年10月14日 (日)

受刑者のためのミサ@イグナチオ

Jyukeisha1803

13日の土曜日午後2時から、イグナチオ教会を会場に、受刑者のためのミサが捧げられました。

主催したのは、受刑者との交流や出所者の支援を続ける特定非営利活動法人マザーハウス。200名近い方々が聖堂に集まり、祈りをともにしました。

Jyukeisha1801
ミサの司式は私と、ちょうどこの日が75歳の誕生日となった教皇大使のジョゼフ・チェノットゥ大司教。そして大使館の参事官をはじめ、教誨師などとしてこの活動に関わる司祭5名加わってくださいました。ミサの終わりに、大使には誕生祝いの花束が贈られました。

マザーハウスの活動については、こちらのホームページを参照ください。

Jyukeisha1806
ミサの後にはヨゼフホールで茶話会があり、その中で、弁護士の海渡先生と私で、ちょっとした質疑応答の時間もありました。

以前からこの活動を立ち上げたマザーハウス理事長の五十嵐氏から、このような機会を設けてほしいとリクエストを受けていました。教皇フランシスコも、いつくしみの特別聖年の間に、受刑者のためのミサを捧げられましたし。ご自身が毎年聖週間に刑務所を訪問され、洗足式を行ったり、受刑者への励ましを与え、人権を擁護するように、呼びかけています。

もちろん犯罪を犯した人がその罪を償うことは大切ですし、同時にそういった犯罪被害に遭われた方々のうけた大きな心身の傷にも十分な手当があり、思いをはせ祈ることは重要です。

Jyukeisha1805
しかし教会は、罪を償うにあたっても、神が与えられたいのちの尊厳が護られるようにと呼びかけます。誰一人として本来は犯罪の被害に遭うといういのちの尊厳を脅かされるような状態に出会うことのないように努めなければならないように、罪を償う人のいのちの尊厳も軽視されてよいということもありません。その意味で、刑務所などにおける人間の尊厳を脅かすような事態は改善されるべきだと、教会は長年にわたって呼びかけてきました。

また出所した後にも、なかなか社会に受け入れられず、生活の困難を抱えている人や、また、犯罪の加害者にあっても被害者にあっても、そのご家族の方々が直面する困難にも思いをはせる必要があります。課題は山積しています。

教会は、神が愛する人間が、一人として排除されてよいわけがないと主張します。その意味で、教会共同体としても、愛といつくしみのうちに、マザーハウスをはじめ、各地でのこういった支援活動に協力していく姿勢を失わないように努めたいと思います。

人を裁くのであれば、自分自身も同じ秤で量り返されることを、心にとめたいと思います。

|

2018年10月11日 (木)

オスカル・ロメロ大司教列聖感謝ミサ@東京カテドラル

Rosachaves02

10月14日の日曜日、教皇フランシスコはサンピエトロ広場でミサを司式され、パウロ六世やオルカル・ロメロ大司教など6名の福者を聖人の位に上げられます。(上の写真は、ロメロ大司教の肖像画の前に立つ、エルサルバドルの首都、サンサルバドルの補佐司教で、先頃枢機卿になったグレゴリオ・ロサ・チャベス司教。ロメロ大司教をよく知る人物で、列聖運動に深く関わられました)

オスカル・ロメロ大司教は、私が長年関わっている国際カリタスの保護の聖人お一人でもあります。(ほかに聖マルチノ・デ・ポレスコルカタの聖テレサ)またパウロ6世は、国際カリタスの創立に深く関わっておられる教皇です。国際カリタスは今回の列聖を大きなよろこびをもって祝っており、各国のカリタスにもそのよろこびを多くの人と分かち合うように呼びかけています。

オスカル・ロメロ大司教の母国はエルサルバドルですが、このたび、駐日エルサルバドル大使館の依頼により、同大使館主催で、私と教皇大使との共同司式して、オスカル・ロメロ大司教列聖感謝ミサを捧げることになりました。

感謝ミサは10月27日(土)午前10時から、東京カテドラル聖マリア大聖堂で行われます。ミサは日本語の予定です。また駐日エルサルバドル大使館の意向で、ミサは信徒の方や一般の方にも多く参加して、エルサルバドルの聖人の誕生を祝ってほしいと言うことですので、お時間がありましたら、是非ミサに参加され、現代の偉大な殉教者であるオスカル・ロメロ大司教の列聖を祝い、感謝の祈りをともに捧げていただければと思います。

10月27日(土)午前10時。東京カテドラル聖マリア大聖堂へ。

なお英語ですが、国際カリタスのホームページには、パウロ六世とオスカル・ロメロ大司教についての記事があります。このリンクです。

|

中野司教叙階式@鹿児島

Nakano1804

教区司教の定年は75歳です。もちろん司教は叙階ですから、司教そのものからの引退という意味ではなく、教区長職からの引退です。前任の郡山健次郎司教の定年引退に伴い、新たに鹿児島教区司教として任命されたフランシスコザビエル中野裕明師の司教叙階式が、10月8日午後1時から、鹿児島市の宝山ホールで行われました。

Nakano1801

会場の宝山ホールは1500名収容です。ほぼ一杯でしたから、鹿児島教区をはじめ各地から、千人を超える方々が参加してくださったことになります。日本の司教団も、シノドスに参加している勝谷司教と海外出張中のアベイヤ司教を除いて、ほぼ全員が参加。沖縄の押川名誉司教や、鹿児島と協力関係にある韓国の仁川教区の司教様も参加されました。

司式は引退される郡山司教。その両隣には前田枢機卿と高見大司教が(司教叙階には通常主司式に二人の司教が付きそう3名が最低でも必要と言われます)。

中野司教様は1951年生まれで、司祭叙階は1978年。ローマに留学経験もあり、この数年間は神学生養成に関わり、神学院院長も務めておられ、東京にお住まいだったことから、東京教区の各地でも司牧のお手伝いなどをしていただいておりました。

Nakano1802

また中野司教様も長崎南山の卒業生。結構な人数の日本の司教たちは、実は長崎と名古屋の二つの南山高校の、どちらかの卒業生です。

Nakano1805


叙階式終了後、会場をサンロイヤルホテルに移し、祝賀会が開催されました。前回、郡山司教様が叙階されたときも、同じ会場で祝賀会でありました。前回の日記はこちらです。そして前回と同様、今回も、結婚式のような新旧司教の入場がありました。歌あり踊りありの、本当によろこびにあふれた祝賀会でありました。

なお、中野司教様のモットーは、マタイ福音6章33節の「まず、神の国とその義を求めよ」からとられた言葉で、「QUAERITE PRIMUM REGNUM DEI(まず、神の国を求めよ)」とされています。

叙階式の模様を撮影したビデオが、このリンクの鹿児島教区ホームページで公開されていますので、どうぞご覧ください。

|

2018年10月 7日 (日)

ケベック外国宣教会、日本で70年@赤堤教会

Quebec1805

東京教区では世田谷の赤堤教会や山谷で働き、また仙台教区の、現在は八戸や会津で会員が働いている、カナダからの宣教師の会、ケベック外国背教会が、来日70周年を祝っています。

本日の日曜日は、その70周年の感謝ミサが、赤堤教会で捧げられ、日本で働く会員10名が集まりました。まずは、これまでの70年間のお働きに感謝します。特に東北の困難の現実の中で、福音宣教に取り組まれている会員の皆様に、心から感謝いたします。

Quebec1801

70年前に来日して、世田谷のこの地に、まず日本語を学ぶための共同体が設置され、その後、幼稚園が設立され、小教区になっていきました。その後、「寒くて雪の多いカナダから来たのだから」という理由で、青森県で働くことになったのだとか。

本日は日本で働く会員が10名集まりましたが、そのすべてが司祭というわけではありません。司祭は5名、それ以外は終身助祭が一人、そして残り4名は信徒宣教者の会員です。

Akatsutsumishugo18s

この宣教会の会員である信徒宣教者という存在は、日本の教会の現状からは何か特別な人たちに見えます。日本で信徒宣教者といえば、信徒宣教者会(JLMM)がすぐに思い起こされ、海外に出かけていくイメージですが、私は、日本国内でも、これからは信徒の宣教者が必要だと感じています。

以前、私に洗礼を授けてくれたスイスから来ていた宣教師の会、ベトレヘム外国宣教会の本部に出かけたときも、いまやその総顧問会など本部機能の半分は、信徒宣教者の会員によって担われていました。ケベック外国宣教者会も、そういった信徒の宣教者の会員が増えているとのこと。信徒宣教者が外国宣教会の会員であるという姿が、これからの日本の教会のとっても重要で必要なことだと感じます。これから、日本国内の教会で働こうとする信徒の宣教者の方々が現れることを期待していますし、そういった宣教会を日本の教会で持つことができればとも思います。

是非、信徒宣教者の存在に、興味を持っていただければと思います。

Quebec1804

今日はミサのはじめに、子どもたちから三つの質問がありました。私の霊名であるタルチシオについて、杖の意味、そしてミトラなどの意味を質問頂きました。ミサの始まる前に、こういった質問に答えることで、子どもたちも興味を持って本日のミサに参加されたのではないでしょうか。元気に歌も歌ってくれました。(上の写真は、子ども代表から質問を受け、応える私)

ミサ後には、教会内外を利用して懇親会。思いの外、岩手県や新潟県出身の方がおられました。

それにしても、赤堤教会の周辺地域の道路の狭く入り組んでいること。ナビの言うとおりに車を走らせましたが、このまま車が挟まれてしまうのではないかと心配になるくらいの道の狭さ。ええええ、こんなところで左折するの?と思い悩んでいるうちにその前を通り過ぎ、ナビが何度、新しいルートを検索してくれたかわかりません。東京って、なかなか道が複雑な場所が多いですよね。広い道路でも、右左折が複雑に絡んでいたり、高低差があって十字路交差ではなく高架橋での交差だったり、やにわに道の一部分だけが地下トンネルになったり、首都高に入れば、右に左に枝分かれが続いたり。今のところ自分で運転しているので、日々チャレンジの連続です。

|

2018年10月 6日 (土)

真生会館感謝の集い

Shinseikaikan1804

信濃町にある真生会館が、新しい建物になってから二年。本日10月6日の土曜日の11時から、二周年を記念して感謝ミサが捧げられました。

新しいビルの四階には聖堂がありますが、感謝ミサに集まったすべての人を収容するには小さすぎます。そこでミサは、三階のネランホールで行われ、私が司式し、森司教と福島一基師が共同司式してくださいました。

Shinseikaikan1801_2

真生会館には長い歴史があります。ホームページに掲載された理事長の森司教の言葉には、次のように記されています。

「真生会館が、産声を上げたとき。それは、今から80数年前の1934年。日本全体が軍国主義一色に覆われて行った日本社会に、キリスト教的な価値観に根ざした若い人々の育成の必要性を確信した岩下壮一神父によって、財団法人聖フィリッポ寮として誕生しました」

1952年からは、学生寮を廃止して、信仰養成の学びの場として真生会館となり、さらに新たな生涯学習の場として、現在の建物での活動は2年前から始まっています。定期的に様々な講座が開かれており、東京教区のみならず関東一円の、信仰養成と学びの場として、重要な役割を果たしてくださっています。

Shinseikaikan1806

神のみ言葉は教会内外の至る所に種まかれていますが、その種がふさわしく健全に育っていくためには、教会共同体の積極的な関与が不可欠です。その意味で、真生会館にかぎらず、信仰の継続養成は不可欠です。それは、一人個人の信仰を深めることに留まるのではなく、教会共同体全体の一致と、その一致がもたらすあかしの働きを深め、社会の中で福音を生きるあかしの共同体を実現するために、欠かすことができません。これからの真生会館の活動と、福音宣教への貢献に期待しています。

ミサ後、懇親会を挟んで、午後1時半から講演をさせて頂きました。わたし自身のアフリカでの宣教師の体験と、それに続く新潟での体験などから、現代における福音宣教の可能性についてお話しさせて頂きました。(下の写真、歌っているわけではなく、話しているのです)

Shinseikaikan1803

祈りあい、分かちあい、学びあい、支えあう教会共同体は、必ずや福音を宣教する共同体へと育っていきます。一つの体の部分として、それぞれが与えられた使命に気がつき、自らの役割を忠実に果たしながら、信仰における一致のうちに、福音を告げ知らせる共同体をそだてていきたいと思います。

さて報道されているように、バチカンではシノドス(世界代表司教会議)が始まっています。今回は「若者、信仰そして召命の識別」をテーマとして、代表の司教たちが青年たちの声に耳を傾けるところから会議が進められているようです。日本の教会からは、札幌教区の勝谷司教が代表として参加しています。会議は10月28日まで開催されます。また、先日、司教任命に関する暫定合意が署名されたと報じられている中国からも、2名の司教が参加しています。(なお暫定合意については、具体的な内容がまだわかりませんので、今の段階では情報は提供できません)

バチカンニュースによれば、開会のミサ説教で、教皇様は次のように述べられたと言うことです。

「若者たちは、彼らの尊厳ある人生の発展を妨げるすべてのものに対する戦い、創造性・知的な大胆さ・情熱・希望に満ちた献身を、わたしたちに望んでいると述べた教皇は、若者たちの人生を脅かし、そのビジョンを曇らせる死の商人たちの手に、彼らを委ねたままにすることはできない、と話された」

様々な意味で危機に直面している教会は、これまでの歩みを真摯に振り返り、将来の世代を担う若者たちの声に耳を傾けながら、よりよい道を選び取って行こうとしています。東京教区でも、同じようにできるだけ多くの若者たちの、国籍を超えた若者たちの声に、教区全体が積極的に耳を傾けることができればと思います。

|

« 2018年9月 | トップページ