« 新潟にて@2019年3月17日 | トップページ | 3月24日、東京カテドラルでの晩の祈り »

2019年3月23日 (土)

カリタスアジアの次期総裁選出

Alo1901

3月21日から22日にかけてカリタスアジアの総会がバンコクで開催され、次期カリタスアジア総裁に、バングラデシュ出身の信徒であるベネディクト・アロ・ロザリオ氏を選出しました。総裁の任期は4年ですが、私が務めている現在の二期目が5月に満了となりますので、5月末にローマで開催される国際カリタスの総会で同意を得てから、ロザリオ氏に引き継ぐことになります。

1956年生まれのアロ・ロザリオ氏は、1983年にバングラデシュ司教協議会の正義と平和部門に就職し、その後奨学金を得て、米国で修士号、さらに英国で開発学の博士号を取得。そのためカリタスの友人たちの間では親しみを込めて、「ドクター・アロ」と呼ばれています。1987年に、司教団の要請で正義と平和部門からカリタスバングラデシュに異動したドクター・アロは、定年までカリタスバングラデシュの責任者を務めてこられました。現在は、国際カリタスのいくつかの委員会の委員を務めています。

Alo1902

カリタスアジアは1999年に独立した組織を持って自ら運営を始めましたが、これまで総裁はすべて司教が選出されてきました。99年の初代はスリランカのフェルナンド司教、その後がタイのサマンチット司教、そしてインドのアンブローズ司教。2011年には私が選出され2期務めました。今回初めて信徒の方を総裁に選出しましたが、ドクター・アロは開発の専門家であるとともに深い信仰をもったキリスト者でもあります。さらに充実したアジアのカリタス組織に育っていくことが期待されます。

Alo1904

また同時に行われた選挙で、カリタスアジアの運営に当たる地域委員会には、韓国、モンゴル、フィリピン、ネパールのカリタスがそれぞれ選出されました。また事務局長のエリアザル・ゴメス氏も再任されました。

|

« 新潟にて@2019年3月17日 | トップページ | 3月24日、東京カテドラルでの晩の祈り »

司教の日記」カテゴリの記事