カテゴリー「東日本大震災」の70件の記事

2017年2月17日 (金)

東日本大震災復興支援の会議@仙台教区本部

20170217_101323
今日は一日、仙台のカテドラルである元寺小路教会で、東日本大震災の復興支援に関わる二つの会議です。午前中には、仙台教区内各地に開設されているベース関係者の会議。

宮古、大槌、釜石、大船渡、米川、石巻、南相馬、もみの木(いわき)にボランティアベースが開設されており、その代表が情報交換のために定期的に開いている会議です。今日は13名の方が参加。それに加えて、全国からの支援に関わっている関係者として、長崎、大阪、東京の教会管区から関係者。もちろん仙台教区のサポートセンターやカリタスジャパンからも関係者が参加しています。

私はカリタスジャパンの責任者としてではなく、司教団の東日本大震災復興支援活動(いわゆるオールジャパン体制)の責任者として参加していますが、それ以外にも、仙台の平賀司教、高松の諏訪司教、東京の幸田司教の4司教も参加しています。

20170217_0924282


日本のカトリック司教団は、先の司教総会で、現在のような全国の教会からの復興支援活動を、2021年の3月まで継続することを決めていますが、各地のベースでは、それぞれの地域の事情などに応じて、今後、その活動内容が変化してくることが避けられないと思います。NPO法人として活動を拡大するところもあれば、縮小していくところもあるでしょう。拡大するにしろ縮小するにしろ、それぞれは地元の方々との関わりの中で、たとえば地元の方に引き継いでいったり、地元の方の協力を得ながら拡大していくなど、地元に根ざした地域との関わりを深めた活動に変化していかなくてはなりません。その中で、教会との関わりをどうしていくのかも、考慮するべき課題かと思います。なんといってもカリタスの活動は、教会の愛の奉仕として、教会の重要な本質的要素の一つであることを忘れるわけにはいきませんから。

|

2016年5月 9日 (月)

熊本地震、カリタスのボランティア募集開始

カトリック福岡教区のカリタス福岡・熊本支援センターから、本日よりボランティアの受付をはじめると告知がありました。なおボランティアの拠点(ベース)は熊本県の菊池教会に設置されました。福岡教区のホームページのこのリンクをご覧ください。

なお同ホームページで公開されている内容の一部、「活動内容」と「参加条件」を転載します。必ず上のリンクをご覧の上、同ホームページから、問い合わせ先や、また募集要項のリンクをご覧になり、申し込みの流れなどを確認くださいますようにお願いします。(以下福岡教区ホームページから一部を転載)

【活動内容】
現地でのニーズは場所によって様々です。また刻一刻と状況が変化していますので、ボランティアが到着された時点でもニーズが変化します。状況に応じて柔軟に対応できることが望まれます。
また、活動内容は専門職・技術が活かせない場合もあります。
主な活動内容
① 避難所での支援物資の仕分け、分配、誘導、炊き出し
② 地域の片付け
③ ニーズ調査

【参加条件】
☆高校生以上(未成年者は保護者の同意が必要です)
☆活動開始までに必ず地元の社会福祉協議会でボランティア保険(天災タイプ)にご加入ください。
☆期間中はセンター(くまセン)に宿泊していただきます。
☆センターまでの移動時間を含めず、朝から夕方まで活動できる日が一日以上あること。原則6泊7日まで。長期ボランティアをご希望の方はお問い合わせください。

|

2016年2月25日 (木)

東日本大震災から5年を迎えるにあたって

Cjsendai
東日本大震災発生からまもなく3月11日で5年になります。新潟教区の小教区に昨日付で配布した、お祈りの呼びかけ文を、ここにも掲載します。

東日本大震災の発生から5年を迎えるにあたって

新潟教区の皆様

 5年という時間は、ある人にとってはあっという間に過ぎ去った時間であり、またある人にとっては耐えがたいほどの長い時間であったことだと思います。巨大な地震と津波が、主に東北の地を襲った2011年3月11日から、まもなく5年となります。被災地において復興の道を毎日歩んでおられる多くの方々にとって、5年という時間は非常に長い時間であったと思います。あらためてこの大災害で生命を落とされた方々と、その後の復興の過程で亡くなられた方々の永遠の安息をお祈り申し上げます。

 大震災発生当時、5年もすれば日常を取り戻しているに違いない。わたし自身そう思っていました。しかし、被災地における復興の歩みは、本当にゆっくりです。原子力発電所の事故の影響が残る福島県内では、将来を見通すことが難しい状況が今でも続いています。帰還が可能だという地域でも、それは一人だけの問題ではなく地域共同体の問題ですから、以前のような普通の生活を取り戻すには、まだまだ時間が必要です。復興庁の統計によれば、今年の1月末の段階で被災地からの避難生活を送っている方々の総数は、多少減少しているものの、いまだに17万人を超えるといいます。

 日本のカトリック教会は、一昨年の司教総会で、2017年までの全国的な復興支援活動の継続を決めていますが、仙台教区が中心となって、沿岸部を中心に設置されているボランティアベースや、福島における諸活動の現場からは、少なくとも大震災発生10年までは教会は被災地とともに歩むという決意が表明されています。司教団も、その方向で今後検討をすることになります。これまでの5年の歩みを通じて培われた全国の教会と被災地の教会のつながりと、それを通じて生まれている地元の方々との『絆』を、これからも大切にしていきたいと思います。

 新潟教区では、カリタス担当の町田正師(寺尾教会)が中心になって、教区全体の様々な支援活動の情報とりまとめを行っております。これからも、是非、それぞれの地域で可能な復興支援活動を続けてくださるようにお願いいたします。

 さて、5年目に当たる3月11日は週日ですので、その直後の日曜日である3月13日に、新潟教区内の小教区・修道院のミサにおいて、東日本大震災で亡くなられた方々の永遠の安息のために、また被災地の復興のためにお祈りくださるようにお願い申し上げます。
 福音に照らされた希望の光が、被災の地にあって輝きますように。

2016年2月24日

カトリック新潟教区司教
菊地功

|

2015年5月10日 (日)

震災のために祈る集まり@青山教会(新潟市)

Aoyama1504
今日の日曜日、新潟教会の青年たちが中心となって、東日本大震災の犠牲者追悼と被災者のために祈るミサを計画してくれました。ミサの会場は、教区の青年担当でもある坂本神父が主任を務める新潟市内の青山教会。せっかくの企画なので、小教区の朝9時の主日ミサで小教区の方々と一緒に祈るミサとなりました。

青山教会の信徒だけではなく市内の他教会からも参加があり、青山の聖堂はいっぱいでした。ミサはわたしが司式と説教をし、坂本神父と共同司式。聖書朗読や共同祈願の先唱、オルガンの伴奏と侍者も、すべて青年たちが担当してくれました。

青年たちが手書きで作成した趣意書にも記されていましたが、どのような災害であっても紛争であっても、巻き込まれた被災者は、時間が経過するにつれ、自分たちが置き去りにされてしまうと言う感覚を覚えてしまいます。特に将来に関する明確な展望が開けていない場合、将来への不安と相まって、物理的に関わる人が少なくなる現実が、その不安を倍増させます。

Aoyama1502
今年の四旬節灰の水曜日の「聖書と典礼」コラムにも書いたことですが、私たちは時間の経過と共に感情の高ぶりが収まると、災害などが発生した当初の高揚した感情がなくなり、被災地の多くの方々の存在へ思いをはせることが少なくなってしまいます。その間にも、自らの感情を高揚させる他の出来事が起こってしまうことが多いのと、同時に被災地に住む人と、必ずしも個人的な人間関係が構築されるわけでもないので、面識がない人たちとの関係を持続させることが難しいからです。そのため、わたしがカリタスの仕事でこの20年の間たびたび訪れた世界の災害や紛争の現場では、「忘れられてしまった」という絶望感にとらわれる多くの方が残されてしまうのです。

物理的に長期にわたって関わり続けることは難しいですし、個人的な関係と行ってもそんなに簡単に構築できるわけでもありません。そうではあるけれど、なんとか災害に遭われた方々や紛争に巻き込まれた方々に、私たちは忘れてはいないのだという意志を明確に示す行動をとることは大切なことであると思います。その意味で、今回の新潟の青年たちの企画に、意味があることですから、その取り組みに感謝いたします。

Aoyama1501
カリタスジャパンは仙台教区を支えながら、仙台教区と、他の教区が運営するボランティアベースを通じた東日本大震災の被災者支援をこれからも続けていきます。国内の皆様からいただいた募金と、海外から寄せられている募金を計画的に活用し、長期間にわたる被災者支援を目に見える形で続けていきます。行政機関ではないので、ボランティア団体に出来ることは限られていますが、それぞれのベースが地域の実情に応じて、その地で必要とされていることを地道に拾い上げながら、長期にわたって歩みを共にする姿勢を明確にし続けたいと思います。

Aoyama1503
今日はミサ後に、残ってくださった信徒の方向けに、現代世界憲章について30分ほどお話をさせていただきました。主任の坂本神父が、ただの話ではおもしろくないからと、信徒の方に司会をゆだね、質疑の形で行われたので、非常に新鮮にお話しさせていただくことが出来ました。(写真すぐ上)

なお、ネパールでの大地震が先般発生しましたが、これについても国際カリタスがすでに活動を始めています。現地のカリタスネパールと、米国カリタスやカリタスインドが初期活動を行いましたが、今後、カリタスオーストラリアを調整役として、長期にわたる復興支援を行う予定です。お祈りをお願いいたします。東日本大震災の時にはネパールからも支援をいただきました。そのお返しにも務めたいと思います。

火曜日の朝から、四年に一度の国際カリタス総会議がローマで始まります。カリタスジャパンからも代表が二名参加しますが、わたしはカリタスアジアの代表として参加します。今回の総会議では任期満了となるオスカーロドリゲス・マラディアガ枢機卿に代わる新しい総裁が選出される予定です。すでにメディアにリークされていますが、第1の候補者はマニラのタグレ枢機卿。カリタスアジアの昨年の総会で推薦することを決め、水面下で本人と交渉したり、多くの方と意見を交わしてきました。その結果、アジアだけではなく、アフリカや南米などからも票が見込めることから、タグレ枢機卿が選出されることは確実だと見込んでいます。選挙は14日の予定です。

|

2015年4月13日 (月)

日本カトリックボランティア連絡協議会@南三陸町

Minamisanriku1508
日本カトリックボランティア連絡協議会(以下「カトボラ」)の第12回総会が、宮城県南三陸町の研修センター「いりやど」を会場に、11日の土曜日と12日の日曜日に開催され、地元と全国から60名を超える方が参加されました。

カトボラは、1978年頃に、「カトリック・ボランティア」について考えようと有志が集まって始まり、1981年3月に、名古屋の愛の実行運動事務局主催で、「第一回カトリックボランティアリーダー交流会」が東京で開催され、いまにつながっています。3年に一度の総会が開催され、私は前々回の新潟大会から、担当司教を務めております。2000年12月には日本カトリック司教協議会の公認団体となり、名称に「日本カトリック」がつくことになりました。

Minamisanriku1509
今回は、2011年3月11日の震災直後から、カトボラ会長の廣岡洋子さんらが中心となって、関西からボランティアを引き連れ支援活動を始め、その後も交流がつづいている南三陸町で行われました。テーマを「痛み・祈り・喜びー災害と共に生きる」として、被災地の方々と歩みをともにする中で、カトリックボランティアの原点を見つめ直すことを目的として開催されました。

Minamisanriku1507
基本的にすべて自発性と無償性で活動を行う団体ですから、若い年代の会員は少なく、今回の会議でも参加者の平均年齢は高かったと思います。しかしその分、活動は徹底した人間関係の構築を基礎にして行うので、一点集中で大きな力を発揮していると感じました。

Minamisanriku1504
それは今回の会場となった南三陸町の、南三陸さんさん商店街での、地元の店舗開設者の方々との交流の深さからも、感じ取ることが出来ました。ボランティアという概念が広く浸透しているいま、「カトボラ」が、カトリック教会のすべてのボランティアを網羅する団体ではありませんが、しかしカトリック教会のとってのボランティアの基本はどこにあるのかをあらためて考えさせる理念を発信できる場であると思います。

さて今回の大会には、仙台教区の平賀司教、小松事務局長も参加してくださり、初日は、教育の現場から、外国人の立場から、そして原発災害被害者の立場から、三名の方の発題があり、その後、地元の小学校の教頭先生や校長先生も交えて、子供たちの現状について、パネルディスカッションが行われました。

日曜日は全体会として参加者が発言し、最後に次回の開催地として大分教区、また会長代行をおくことや、事務局を名古屋から徐々に関西に移設することなどが報告されました。

最後に平賀司教司式で派遣ミサ。私が説教させていただきました。ミサ終了後は、参加者全員、近くの南三陸さんさん商店街に出かけ、昼食を始め様々二時間を過ごして解散。

今回も会長の廣岡さんの年齢を感じさせないダイナミックさに感銘を受けた大会でした。

|

2015年3月 8日 (日)

東日本大震災で亡くなられた方のために祈り、また一日も早い復興を祈願する日

Seitaihoshikai150307
まもなく3月11日で,東日本大震災が発生して4年となります。新潟教区では,本日3月8日の主日を、東日本大震災で亡くなられた方のために祈り、また一日も早い復興を祈願する日として、それぞれの教会や修道院のミサを,この意向で捧げて頂きました。

新潟教会では午後から,青年たちが中心になって祈りの集いが行われたはずです。私は秋田にいて不在でしたので,その集いのために書いたメッセージを掲載します。

東日本大震災発生から四年を迎えて祈る

カトリック新潟教区 司教

菊地功

 あの大震災の日から四度目の3月11日が、まもなく巡ってきます。あの日以降、私たちは幾度にも渡って、すさまじい自然の力である津波の恐ろしさと、人類の英知の結晶であったはずの原子力発電所の夢が崩壊する様を、映像を通じて目の当たりにしました。

 さらには、実際に被災地へ出かけていって、または報道を通じて、避難生活を続ける多くの方々の姿や声に触れ、被災地の現状を痛いほど感じてきました。

 今年二月末の段階で、復興庁の統計によれば、いまだに22万9千人の方々が、避難生活を送り、普通の生活を取り戻すことが出来ずにいます。

 残念ながら、様々な希望的観測とは裏腹に、原子力発電所の事故の収束は、予定通りに進んでいるとは言いがたく、福島のこれからにはまだまだ不透明な部分があります。

 日本のカトリック教会は、被災地が主に仙台教区に集中していることから、発生直後から仙台教区本部にサポートセンターを設置し、仙台教区の平賀司教様を中心として、復興支援活動を行ってきました。全国の教区が、それぞれの力に応じて、出来る範囲での側面支援を続けています。被災地各地に設置されたボランティアベースは、現在では避難生活を続ける方々を中心に、それぞれの地域で生活する方々と歩みをともにする出会いの場を提供するようになってきています。日本のカトリック教会は、まだまだ被災地とともに歩み続ける決意です。

 人間は時間がたつにつれて、記憶を勝手に整理し始めます。起こった出来事をすべて記憶しているわけにはいかないからです。いまの自分の生活の優先事項に合わせて、私たちは過去を取捨選択していくのです。大震災から時間が経過するにつれ、被災地での当事者でない私たち多くは、四年前のあの衝撃を徐々に忘れつつあるように思います。もちろんいつまでも悲しんでいる必要があるなどと言うことではありません。そうではなくて、被災地にあって、いまもなお希望ある未来を生み出そうとして戦っている多くの方々と、心の絆をもってつながり、歩みをともにする姿勢を意識しながら保つことは、大きなエネルギーを生み出すのです。希望は、多くの人の連帯の心からいただいたエネルギーで大きく育っていきます。

 新潟教区からは、東京などのように組織的にボランティアを派遣するようなことはしていませんが、その出来る範囲で、連帯の心を持ち続けたいと思います。どうかこの祈りの集まりを通じて、新潟教区からの連帯と希望のパワーを被災地に送り届けることが出来ますように。一緒に祈り続けましょう。

私は今朝、秋田の聖体奉仕会で、会員と一緒にこの意向でミサを捧げ、祈りの時を共にしました。(写真は今朝のミサ)この数年間、3月の頭の頃には秋田でも山の上で雪の多い聖体奉仕会では、建物が雪に覆われていることが普通だったのですが,今年は全く雪がありません。新潟市内もそうですが、内陸部は以上の大雪なのと,それから全体的に早く(12月に)降雪が始まったのですが、沿岸部の新潟市や秋田市内では,例年よりも雪は少ないのではないかと感じます。

明日は聖園短大の卒業感謝ミサを秋田教会で10時から行い,新潟へ戻ります。

 

 

 

|

2015年1月31日 (土)

清心中学3年静修と、仙台サポート会議

さて海外研修からの時差と、帰国したその日に痛めた喉の二つから回復するのに手間取りましたが、何とかなりました。

Seishinj301
先週の木曜日、29日は午後から新潟教会を会場に、新潟清心女子中学3年生の静修。卒業を前に、一日心を落ち着けて、祈りのうちに人生の振り返りをする特別な日です。午後1時から、新潟カトリックセンター二階ホールで、40分ほどお話をさせていただきました。

この中3は昨年末のクリスマス会で、静止聖劇『タブロー』を披露してくれた学年ですが、そのときの主要テーマは『児童問題』。鋭い視点から、新鮮で刺激のある聖劇を見せてくれた学年です。『児童問題』の根底にあるのは、もちろん世界の貧困問題です。そこで、カリタスジャパンが国際カリタスとともにすすめている貧困撲滅キャンペーンについて、お話をさせていただきました。話の後は、生徒たちによる分かち合い。世界の現実を前に、単純に白黒つける情報に流されずに、複雑に絡み合った現実をじっくりと読み解き、人類に共通の善を実現する世界を生み出す努力を続けていってほしいと思います。

貧困問題へのカトリック教会の取り組みの根底は、もちろん神の被造物である一つ一つの生命が等しく尊厳のある生き方が出来る世界の実現ですが、ただしそれは、一般に言う『平等』とは異なっています。教会の発展への考えを一番端的に表しているのは、教皇聖ヨハネパウロ2世の次の言葉でしょう。

「発展とは、富める国が現在享受している生活水準にすべての人を引き上げることではなく、労働を結集してよりふさわしい生活を築き上げること、個々人の尊厳と創造性、そして天職、すなわち神の召し出しにこたえる力を具体的に高めることなのです。(回勅「新しい課題」29)」

神の個々人への『召し出し』の実現を妨げている社会の現実を是正していくことが、貧困撲滅の重要な課題のひとつです。先日の海外研修でのマルクス枢機卿の講演の中にもあったのですが、教皇フランシスコの率いる教会が、世界の現在の主流である経済システムに対して批判的であることから、『共産主義者だ』と批判を受けているが、そうではない。それは資本主義の否定ではなく、いわば『エセ資本主義』の否定であり、教皇フランシスコは『資本主義』を超越したその先にあるシステムを語っている。その目指す先が、この聖ヨハネパウロ2世の言葉に表されているように思います。

もとより、教会と共産主義は、神を信じるものと、神を否定するものとで根本から相容れるところではありませんし、具体的にめざす方向性で共通点があったとしても、根本で一致することは困難です。ですから、教会の現状批判の姿勢に対して、『共産主義者だ』と指弾することは、感情に訴えるだけで、それほど理に適ったことではありません。

現在の『資本主義』を超えたところに教会が求める基準は、これまた次の聖ヨハネパウロ2世の言葉に、端的に記されている連帯を実現する姿勢に導かれた世界の実現であろうと思います。

「新しい『愛の創造力』の時代です。それはただ単に、効果的な援助提供の中に見られるだけでなく、隣人になる能力、苦しむ人と連帯する能力のうちにも見られる創造力であり、辱めを感じさせるような施しではなく、兄弟姉妹としての分かち合いです。(使徒的書簡「新千年期の始めに」50)」

Seishinj302
お話と分かち合いの後、校長先生のお話があり、そして新潟教会聖堂に移って感謝ミサを捧げました。インフルエンザがはやっているため、数名の欠席者がありました。元々この学年は人数が少なく、欠席者もあったため、21名ほどの参加でした。

その日の夜に仙台へ移動。金曜日の午前10時から、仙台の教区本部で、復興支援の会議でした。10時からはボランティアベースなどの担当者が集まって意見交換をする、全ベース会議。今回が19回目とのこと。私など司教は、オブザーバーとして後ろに陣取り、各ベースの現状と課題について聞かせていただきました。

Sendai1501
そして午後1時からは、定例の仙台教区サポート会議。今回で32回目の開催です。カリタスジャパンが国内外からいただいた募金は、仙台教区内のボランティアベースなどを通じた被災者支援活動のために使われています。以前にも記したように、昨年11月の段階で、国内から約8.5億円、国際カリタスから11.2億円の募金を受領し、これまでのほぼ4年間でそのうちから15.2億円ほどを支出しました。『義援金』であるならば、一刻も早く、すべてを被災者に配分するのでしょうが、この募金は、被災者の方々の復興を支援するためのものですから、短期に終わらず、長期に渡って歩みをともにし支えていくために活用します。被災地各地に設けられているボランティアベースによる、たとえば仮設訪問やカフェの運営など、地元の社会福祉協議会や自治会との連携の中で行われる支援活動は、まだまだ継続が必要です。そのために計画性をもって、募金を活用していかなくてはなりません。

昨日の会議では、仙台教区から、いまのような支援活動は、少なくとも震災発生10年までは続けたいという意思表示がありました。ですから今後どのような形で、各ボランティアベースの活動を展開していくのかが、昨日の会議の一番のテーマでありました。

Sendai1502
会議中から仙台は大雪。夕方、新潟へ帰るために仙台駅へ向かう頃は、町中が真っ白な雪に覆われておりました。

|

2014年12月19日 (金)

司教のための社会問題研修会@福島

Futaba1406
毎年寒い時期に恒例となっている社会司教委員会主催の司教のための社会問題の勉強会が、12月16日午後から12月18日昼過ぎまで、福島県内で開催されました。この三日間、福島市内は大雪でした。

この勉強会は、社会司教委員会(カリタスジャパンや難民移住移動者委員会や正義と平和協議会等々の社会福音化推進部に置かれている委員会などの責任・担当司教がメンバー)が毎年開催していますが、基本的にはその時々に重要だと思われる社会問題に関して現地学習会を行ってきました。対象は全司教ですが、仕事の都合で参加できない方もおられ、それでも今回は11名の司教の参加となりました。

Futaba1401
そして今年のテーマは「福島」。東京教区ボランティアセンター(CTVC)が、震災後の復興支援活動として、主にこの福島県内で活動し、また沿岸北部の原町にボランティアベースを開設していますし、福島県内の小教区やそのほかの団体も、積極的に活動してきています。今回は主にCTVCのメンバーと、仙台教区が福島市内に設置した福島デスクの責任者や福島の松木町教会の支援グループの方々からお話を聞くとともに、実際にバスに乗って原町ベースへ出かけ、さらには福島第一原発近くの帰還困難区域にも足を伸ばしました。今年の9月15日に、この帰還困難区域を南北に通過する国道6号線の通行規制が解除されました。これまでは南のいわき市方面から北の浪江町方面へは直接抜けることが出来なかったのですが、それが可能になっています。ただし、線量が高いため、窓を閉め切った車の通過のみが認められていて、自転車やバイク、歩行者は通行禁止。さらに通ることが出来るのは国道6号線のみで、そこから分かれる道路は勿論、国道に面する家屋にはすべてバリケードが設置されていました。(写真上、双葉町にて。帰還困難区域を遮断するバリケード)

Futaba1405
福島第一原発で作業を続ける方々の拠点となっているJビレッジや、富岡の駅まで足を伸ばし、その後「避難指示解除準備区域」となっている南相馬市の小高区にある同慶寺にて住職を始め二人の方からお話を伺いました。ここは立ち入ることは出来るものの、宿泊が禁止されているので、住職は毎日通い、また定期的に檀家の人たちに呼びかけて清掃作業を行ってきているとのこと。お話しくださった二人とも、事故の遙か以前から原発の危うさを説いてきた方々でした。(写真上。双葉町内。有名になってしまった「原子力 明るい未来のエネルギー」の標語がゲートになっています)

Futaba1404
事故後、福島に人が住むこと自体に対して様々な意見があることは承知しています。事故があったらこういうことになるのはわかっていたはずだと、ばっさりと切り捨てる意見もあります。当たり前のことですが、そこに住んでいる人の100%が諸手を挙げて原発立地に賛成していたわけでもなく、一刀両断にすべてを切り捨てる考えには与することは出来ません。線量が高く厳しいとはわかりながらも、普通のごとくに残っている故郷を目の前にして、そこに帰りたいと思う心持ちは当然のことではないでしょうか。理不尽にも家を奪われ、仮設の住宅で避難生活を強いられている人たちの心持ちを考えるとき、単純に、すべてを隔離して、住民はどこかに移住させればよいのだなどと考えることは出来ません。まして、幼い子供たちに忍び寄る目に見えない脅威への恐れは、それが目に見えないだけに、いくら大丈夫だと言われても、少しでも危険性があるのであればそれを避けたいと願う母親の心持ちもまた、当然のことではないでしょうか。厳しい経済的条件の中で、自主避難を続けている方々を切り捨てるようなことが許されてよいわけがありません。単純には決着をつけることが出来ない、複雑な住民の現実がそこにはあります。(写真上。富岡町のJR富岡駅のかつてのプラットホームにて。常磐線です)

Futaba1403
このような大規模な事故になると、被害を受けた方も大多数に及ぶため、どうしても対応がおおざっぱになってしまいます。一人一人の気持ちよりも、平均値で物事が決まってしまう。でも被害を受けたのは一人一人なのですから、その心に寄り添う姿勢を止めてしまうわけには行きません。(写真上。双葉町にて、除染で出た廃棄物の山)

短い時間でしたが、いろいろと考えさせられる勉強会でした。三日目は、福島市内の野田町教会でミサを捧げ、終わりとなりました。今後のカトリック教会の全国からの支援を集約した復興支援活動のためにも、貴重な時間をいただきました。準備してくださった福島デスクとCTVCの皆様に感謝。

|

2014年7月24日 (木)

仙台支援会議など@仙台

Allbase140724_2

仙台での復興支援会議の日ですので、昨晩から仙台に来ています。今朝は10時から全ベース会議。仙台教区内8カ所のボランティアベースの代表と仙台のサポートセンター、福島デスク関係者などが参加して、情報交換をしたり、現場での様々な課題について話し合うこの会議も、今回で16回目です。午後からはサポート会議がありますが、こちらは各管区の担当者や司教が集まって全体的な方針を話し合う場ですが、そこに参加するものも、現場で起こっていることを聞かせて頂くため、午前中の全ベース会議にもオブザーバー参加を求められております。前回はヨルダンからの帰国が間に合わず欠席しましたが、今回は朝から参加。支援が長期に及んできて、現場では様々な課題が浮き彫りになってきています。

|

2014年6月26日 (木)

東日本大震災復興支援教区担当者全国会議終了しました

火曜日に始まった第四回目の東日本大震災復興支援全国担当者会議は、本日の郡山教会における全体会議とミサで終了しました。

Iwaki1410
二日目の昨日、私が参加した第三のグループは、さいたま教区のサポートステーションもみの木から、楢葉町の行政の方に案内を頂き、福島第二原発を越えて冨岡まで行きました。そこから先は通行証がないと、事故のあった第一原発方面へは入れないところまで。私はここに来るのは三回目だと思いますが、冨岡の駅前は、何度も触れるように、津波の後がそのままそのままです。冨岡の町は居住制限区域と帰還困難区域、避難指示解除準備区域が混在するため、帰還の準備をしているところと、道路の片方にバリケードがあってそこから先には入れないところなど、一体この先どうなるのかとしか心に浮かばない現実をあらためて目の当たりにしました。(上の写真:線量計の説明をして下さった楢葉町役場の方)

Tomioka1401
昨日の午後には、大熊町にあった福島第一原発に一番近い教会、福島第一バプテスト教会が現在いわきに移設されていることから、その新しい教会を訪問し、佐藤牧師から、原発事故直後からいわき市に至るまでの、教会員の旅路のお話を伺いました。大変感銘するお話でした。その後第一、第二、第三のグループと全員が郡山教会で合流。郡山教会の方のお話を伺った後、交流会。(写真上:富岡駅。写真下:冨岡の街中。道路正面と、道路右側のガードレール内は立ち入りができない)

Tomioka1404
そして本日、午前9時から郡山教会で全体会でした。福島県内各地で活動している方々八名にそれぞれの思っているところをお話し頂き、その後、これからの教会の支援に期待するところを分かち合って頂きました。昼食後は分科会。それぞれの分科会での思いは書き出して頂き、最後のミサで奉納して頂きました。

会議終了のミサは平賀司教司式。説教は幸田司教でした。参加下さった皆様、感謝します。本日うかがった様々な声を参考にしながら、司教団の復興支援の今後の活動方針を見直していきたいと思います。

ミサ後4時頃に郡山を車で出発、東北道から岩手県の北上で秋田道へ入り、夜9時前に秋田の聖体奉仕会に到着しました。

今回の全国会議で、あらためて福島の複雑な現状を肌で感じました。もちろん司教団は原発を廃止し、日本の全体の生活スタイルを見直し、私たちの生きる姿勢も見直して生きることを提唱しています。もちろん司教団は信仰箇条以外のことを教会全体に強制することはできませんから、教会内にも様々な意見があることは承知しています。原発周辺の地域に住むことや、福島県自体に住むことを危険視する声も耳にしています。様々な意見があることを承知の上で、しかしながら、原発があったことで、いま、この地に生活をしてきたすべての方々の「通常」が、様々な形で、様々な方向で、破壊されてしまった現実に、黙ってしまうわけにはいきません。いくつもの課題が重層的に絡み合っているので、感情に流されずに客観的に全体を話すことが大変難しくなっているとも感じます。

でもやはり、一番の問題は、この地に生活を営んでいたすべての人が、何らかの形でそれを奪われてしまったことであり、それを取り戻すことがはなはだ困難であることであり、そしてそのことに、この地に住む方々には全く責任がないにもかかわらず、今生きていくために、苦渋の決断と過重の責任を負わされていることが放置されてはならないという点であろうと思います。まして私たちは行政の区割りに従って「福島」の問題といいますが、人為的な県境は災害を食い止める防壁ではないのですから、あたかも問題が「福島県」の県堺の内側の問題であるように考えることは正しくありません。これは日本全体の問題です。この地に生きている人たちを日本全体から切り離すようなことがあってはなりません。私たち全体で、一緒に歩んでいかなければならないことだと、今回感じました。あまりの理不尽さに怒りすら覚えます。

|

より以前の記事一覧