カリタスジャパンはカリタスウガンダをアフリカにおける重要なパートナーの一つとして、2001年から資金的援助を行ってきた。2003年以降は特に持続可能な農業のプログラムを中心に据え、有機農業の技術を各地の農民に教えるための実証農場や、ウガンダ南西部の3教区を対象にした農民自立支援プログラムを資金的に支えてきた。この写真は、カンパラ郊外にある実証農場に建てられた研修棟。ほんの少しずつだが、研修コースも開催されていると言うが、歩みはそれほど早くはない。継続性に、若干の不安もないことはない。