ビラバのカトリック教会で2002年当時助任を勤めていたテオドール神父と一緒に。テオドール神父はビラバ村出身で、カリタスジャパンが活動していた95年頃はまだ神学生で、通訳などに活躍してくれた。