巡礼祭の日曜日のミサは、地元の司教様と一緒に捧げました。司教様を村の入り口まで迎えに行って、行列して聖堂まで到着したところです。青い制服に身を固めているのは、カテキスト(伝道師)の人たちです。司祭の数に対して教会数が多いため、それぞれの教会にはカテキストがいて(多くはボランティア)、日曜の集会を行ったり病人訪問をしています。私が主任だった当時も、巡回教会は私一人で20以上の担当でした。