南の教会の祭壇の背景には、いくつかのイコンが掲げられています。ロシア正教の聖堂はイコンの壁で内陣が見えないのですが、その雰囲気に倣って、カトリック教会の聖堂も、イコンを沢山掲げています。そういえば、数年前に訪れたイルクーツクのカトリックのカテドラルも、聖堂内部は金ぴかでした。このイコン、聖母師を囲んでいる聖人たち。左半分は西方、右半分は東方の聖人たちだそうです。