ハバロフスクの街の中心部、レーニン広場からアムール川に向かってまっすぐ延びる道路の突き当たりにある広場内再建された、ロシア正教の聖堂。以前ここには立派な聖堂が建っていたのだそうです。共産政権以前のことです。共産政権下で見事に破壊され、その当時の威風堂々さには及ばないものの、マルク大主教の力で再建されたのだということでした。