南の教会の信徒の方や、ハバロフスク在住の聖母訪問会のお二人の日本人シスターと共に。左端がシスター瀬谷、中央がシスター諏訪。かつてカリタスジャパンがルワンダ難民キャンプへチームを派遣したときの初代リーダーはシスター諏訪でした。その功績を認められ、キャンプがあったコンゴ(旧ザイール)ビラバ村には、「シスター諏訪記念クリニック」が建っています。