94年10月頃から96年10月まで、ルワンダのお隣、ザイール(現コンゴ)には100万を超えるルワンダ難民が避難していた。国境のキブ湖の南部、ブカブ市には30万以上。そのうちの一つ、9千人が暮らすビラバ村のキャンプにて。テント前で母親と子どもたち。