ビラバキャンプでカリタスジャパンが担当していたクリニックに並ぶ難民の人たち。特に子どもの熱を伴う疾患が多かった。また一時、コレラも発生した。