ビラバキャンプは95年4月11日夜10時から12時まで、正体不明の武装集団に襲撃され、40名近い難民が射殺され150名以上が負傷した。カリタスジャパンの担当するクリニックの薬品倉庫は吹き飛ばされていた。これは翌朝、心配して駆けつけてくれた日本の他のNGOスタッフと共に。