虐殺の現場となったキガリ郊外のカトリック教会。現在は虐殺記念館となり、聖堂内外の地下に墓所を設けて、被害者の遺骨を安置してある。